昼はバス、夜はトラック。働きものなメルセデス・ベンツのEVコンセプト

  • 8,006

  • author 岡本玄介
昼はバス、夜はトラック。働きものなメルセデス・ベンツのEVコンセプト
Image: Mercedes-Benz

可能性がいっぱい乗っかります。

EVの面白いところは、バッテリーやモーターやシャーシといった心臓部さえあれば、ボディーは上からポン付けでも走る点。そこに自律走行システムがあれば、台車だけが勝手に走る状態になるのです。

そこに目を付けたMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)は、上半分を取り替えてシャトルバスにしたり、無人カーゴにするコンセプト案「Vision URBANETIC」を生み出しました。

アイディアもデザインも、まるで玩具みたいな未来のクルマです。

Video: Mercedes-Benz/YouTube

自律運転シャーシはボディーなしで自走するのがシュール。モジュール交換は数分で完了するので、交換すべき目的地点まで自分で向かう賢さも持ち合わせています。日中は人を乗せ、利用が少ない夜間は輸送に回すことも効率的です。それも自律運転EVだからこそですね。

designboomによりますと、スマート・シティーのために作られた「Vision URBANETIC」は、ライド・シェアリングなら12人が、荷物の輸送なら10パレットを載せられるとのことです。需要によってモジュールを載せ替えるわけですが、カーゴになると完全に別のクルマになってしまいますね。

180913_urbanetic2
Image: Mercedes-Benz

少ない車両で多くの人やモノを運ぶことが、スマートな街に必要なことであり、効率的でもあると考えたMercedes-Benz。自らが乗客の行き先を分析し、より多く人が降りる場所に速く到着するよう要求に応えることもできるといいます。そして運転手が不要なので、ひとりぶん多くスペースを確保することができ、内装デザインに自由度が生まれます。

「これまでのルールを壊した」と話すデザイナーのゴードン・ワグナー氏による説明もご覧ください。

コンセプトに留まらず、ぜひとも実現して欲しいですし、さらなる用途に合わせたモジュールも開発していただきたいです。

Source: YouTube via designboom, Twitter via Mercedes-Benz

    あわせて読みたい

    powered by