AIを進化させる新技術、動的ボルツマンマシンってなんだ?

  • 5,561

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
AIを進化させる新技術、動的ボルツマンマシンってなんだ?
Image: Mugendai(無限大)

名前が強そう。

AIの発達に革命的な進化をもたらしたとされる、ニューラルネットワーク(神経回路網)。人間の脳細胞である「ニューロン」の仕組みをまねることで、より人間に近い学習を可能にしたといわれ、碁のソフトであるAlphaGoの活躍が記憶に新しいですよね。

IBMのWebメディアMugendai(無限大)では、そのニューラルネットワークをさらに進化させるという新技術が紹介されていました。その名も、動的ボルツマンマシン。何だか筋トレ器具の名前っぽいですが、もちろん全然違います。

これは主に記憶に関係しています。そもそも人間の脳は、2つの神経細胞が同時に刺激を受けると、より強く記憶されるそうで、例えば猫を『見た』のと同時に、「猫だ!」という言葉を『聞け』ば、より深い学習・記憶が促されるのだそう。言われてみれば納得感あります。

動的ボルツマンマシンとは、この細胞の結合の強さに「時間差」が関係していることに注目したもので、時間とともに変化するデータの予測や異常検知を可能にするAI技術とのこと。

具体的には、人の心拍、血圧、体温などをモニタリングして体調管理をしたり、株価の動きから暴落や暴騰を予測したりといったことへの応用が期待されるそうですよ。

専門用語が多くやや難しい内容とはなりますが、動的ボルツマンマシン、それにニューラルネットワークの新たな可能性についてご興味のある方は、Mugendai(無限大)よりぜひ詳細をご覧ください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by