Sonyの新しいVRヘッドセットの特許が見つかる。各種センサー搭載で健康状態をチェック!

  • author 岡本玄介
Sonyの新しいVRヘッドセットの特許が見つかる。各種センサー搭載で健康状態をチェック!
Image: WIPI

医療の現場用なのか、ゲーム用なのかも謎ですが。

2017年にPSVRをリリースしたSony(ソニー)が、その半年後に新たなVRヘッドセットの特許を申請していたことがわかりました。これはヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)に体温計、視線追跡カメラ、水分センサー、などのバイオメトリック・センサー類を搭載し、「VR病」を診断するためのシステムとのことです。

機能は?

トップ画像の図には、ほかにも加速度計やジャイロスコープ、ソナー・レーダーも描かれていますね。UploadVRによりますと、これらのセンサーはユーザーの健康敷居値を計測するのだそうです。

そしてHMDにはマイクも搭載されており、ユーザーが口にするネガティヴな言葉や音を拾って「アナタは今、好ましくないVR体験をしている」と提案してくれたりもするんですって。

かつてはVRゴーグルで脳震盪を計測するものもありましたが、ソニーもまたVRゴーグルをヘルスケアに役立てようと考えていることがわかります。

診断方法は?

こちらの図が、ユーザーの状態ごとに警告を出すチャートになっています。

20180921-new-sony-vr-headset-has-sensors-06
Image: WIPI

各センサーから得られた情報から判断し、細かい項目を計測するようです。

たとえば瞬きが多い/少ない、姿勢が悪い、心拍数が速い/遅いなどの症状を検知し、さらに不健康である可能性を探り、警告を表示したり、いくつかの機能を停止したり、外部のデバイスに助けを求めたりする流れが書かれています。

スタンドアローンの可能性も

このHMDはバッテリーが内蔵されるので、スタンドアローン型でPS機器などの親機に無線接続することになりそうです。詳細は不明なものの、もしかしたら『Wii fit』のように専用のソフトを使い、健康管理に特化したゴーグルという方向性なのかもしれません。だってゲーム用なら、すでにひとつありますもんね。

特許申請から1年以上が経っているわけですが、その後の開発に進展はあるのでしょうか? 推して知るべしですが、このゴーグルでVRの可能性を押し広げてもらいたいものですね。

Source: Upload VR

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ