どこにでも輸送できるコンテナサイズの建設ロボット。コンセント差し込んだらすぐ動くよ

  • author たもり
どこにでも輸送できるコンテナサイズの建設ロボット。コンセント差し込んだらすぐ動くよ
Image: Odico - Formwork Robotics/YouTube

タブレット端末で操作できるのも魅力。

デンマークの企業Odicoは、多機能なだけでなく建設現場に運びやすいロボット「Factory-On-The-Fly」を開発しました。このロボットは輸送コンテナと同じサイズなので、建設資材と一緒に輸送できます。

Video: Odico - Formwork Robotics/YouTube

同社の最高技術責任者Asbjørn Søndergaardが「Factory-On-The-Flyによって現場での、高度な型枠とカスタム建築部材のパラメトリックな生産が可能になる」とDezeenに語るように、同製品には型枠の製造や熱線を使ったカッティング、建築部材のカスタマイズ、コーティング技術などOdico社のテクノロジーが詰め込まれています。

操作が難しそうな印象の同機ですが、意外なことに専門家でなくても使えるそうで。準備は「コンセントをプラグに差し込むだけ」であり、操作はタブレット用アプリから。公式サイトには「標準的なiOS、あるいはAndroidタブレットで操作可能」と書かれています。何だか、一般消費者向けのガジェットみたいなノリですね。

操作こそ簡単ではありますが、コストがかかるような複雑な建築の造形も迅速かつコストを削減して実現するというのはロボットならでは。3Dファイルさえあれば、構想を合理化して実現すると謳っています。

Dezeenによれば、Factory-On-The-Flyはまだプロトタイプであり、2019年上半期での販売を目指しているとのこと。

ロボットの発達により職を奪われる云々といった懸念もありますが、アイデアを具現化するための選択肢が広がるのはいいことかも。

Source: Odico via Dezeen, YouTube