「RICOH GR III」2019年春登場。帰ってきた究極のスナップシューター

  • 35,934

  • author ヤマダユウス型
「RICOH GR III」2019年春登場。帰ってきた究極のスナップシューター
Image: RICOH

まさに、満を持して。

リコーイメージング株式会社から、高級コンデジ「RICOH GR III」が発表されました。価格は未定で、発売は2019年春を予定。2018年9月26日(火)〜29日(金)の期間、ドイツのケルンにて開催されるフォトキナ2018に参考出展されるとのことです。あぁ、待ってました、待ってましたとも。

前モデルGR IIからおよそ3年半ぶりとなる、待望の後継機。レンズ、イメージセンサー、画像処理エンジンなどのデバイスは全て一新されました。PENTAXゆずりの手ブレ補正機構「Shake Reduction」に、ローパスセレクター、超音波振動による撮像素子クリーニング(DR II)など、GR IIに今ほしいと思う要素がギッシリ。そして、GR IIよりも小さくなってるのですGR II

GR IIGR III
センサーサイズ23.7mm × 15.7mm、CMOS23.5mm×15.6mm、CMOS
有効画素数約1620万画素約2424万画素
焦点距離18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8~F1618.3mm (35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8~F16
撮影距離範囲(レンズ先端から)標準:約0.3m~∞、マクロ撮影時:約0.1m~∞標準:約0.1m~∞、マクロモード:約0.06m~0.12m
手ブレ補正撮像素子シフト方式 (Shake Reduction、3軸補正)
オートフォーカス像面位相差検出およびコントラスト検出によるハイブリッド方式
画像モニター3.0型 透過型液晶、約123万ドット3.0型TFTカラーLCD(アスペクト比3:2)、約103.7万ドット
本体サイズ約117.0(幅)×62.8(高)×34.7(厚)mm(操作部材、突起部を除く)約109.4(幅)×61.9(高)×33.2(厚)mm(操作部材、突起部を除く)
本体重量約221g(電池、SDメモリーカード含まず)約227g(本体のみ)

今年5月にはGR再始動を告げるファンイベント「GR meet」が開催されるなど、GRファンにとって2018年はやきもきの年でした。センサーサイズは大きくなってほしいし、ホコリ対策も外せない、でもサイズはこのままがいい……などなど、GRについては一家言ある人も少なくなくないとか。だもんで、この新型の写真には、わりと感無量です、今。

どうぞ、スペックシートを見てワクワクを高めちゃって下さい。スマホでは切り取れない究極のスナップシューティングの世界が、そこにはあるのです。

2018年9月25日 16:20追記:スペックの比較を追記いたしました。

Source: RICOH IMAGING

    あわせて読みたい

    powered by