ルンバ、ゴミ捨てまで自分でするようになる

  • 23,876

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
ルンバ、ゴミ捨てまで自分でするようになる
Image: iRobot via Gizmodo US

ますます手のかからない子に…!

お掃除ロボットってたしかに便利なんですが、掃除したあとのゴミ捨てが厄介ですよね。でもついにルンバが、そのゴミ捨てまで自動でやってくれるみたいです!

お掃除ドックはルンバ30回分のゴミを溜めてくれる

180907_roomba_i7_plus
Image: iRobot via Gizmodo US

iRobotが発表した新作お掃除ロボット「Roomba i7+」は、充電ドックがちょっとしたタワーみたいになっています。掃除が終わって本体がドックに戻ってくると、そのタワーにゴミが吸い上げられる仕組みです。

なので結局タワーからゴミを取り出してゴミ箱に捨てる作業は人間がやらないといけないんですが、それはもちろん掃除するたびにではなく、ルンバ30体ぶんゴミをドックに溜められます。ルンバのゴミ捨てって面倒なだけじゃなくホコリが飛んだりして本末転倒感があるのも微ストレスなので、その作業がなくなるのはうれしいですね。

間取りを覚える学習機能つき!

180907_roombai72
Image: iRobot via Gizmodo US

さらにRoomba i7+には、先代と同じく家の間取りを記憶する機能があります。これによって効率良いお掃除ルートを選択できるだけじゃなく、部屋を指定してそこだけ掃除したり、部屋ごとに掃除する頻度を別々に設定したりといったことが可能になります。このへんは競合するNeatoのD7でもこの秋のソフトウェアアップデートで可能になる予定で、だんだんお掃除ロボットの標準になりつつある感じです。またRoomba i7+はWi-FiにつながってAlexaとかGoogleアシスタントとも連携できるので、「アレクサ、リビングを掃除して〜」みたいに話しかければちゃんとお掃除してくれるみたいです。

10万円。日本での発売は未定


180907_roomba_i7_plus
Image: iRobot via Gizmodo US

ただしこれだけ賢い分、お値段も950ドル(約10万5000円)とハイエンドなスマホみたいな価格感です。さらにこのゴミを格納するタワーには専用のゴミ袋を装着する仕組みで、The Vergeによればこのゴミ袋のお値段が3枚で14.99ドル(約1,700円)とのこと。楽だからって毎日とか掃除してると、ゴミ袋代がバカにならなくなるかもしれません(かといって掃除の頻度を下げると1回あたりのゴミの量が増えるだけだったり…)。

もうひとつThe Vergeも指摘していてちょっとだけ心配なのは、間取り図とかそれを作る過程で発生するデータの扱いです。間取りの認識にはカメラが使われていて、低解像度ながらルンバに画像が保存されるそうなので、ルンバの前を裸で横切ったりしてもいいのかどうか、気になる人は気になることと思います。

ともあれ、掃除機がけも掃除のゴミ捨ても自動でやってくれるってのはやっぱり画期的です。Roomba i7+は米国とカナダで9月12日に発売予定、日本での発売についてはまだ発表がありませんが、早く来てほしいですね。

    gather round 特集ページ

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ