ロープをたぐって登るアクションゲーム「イセキクライマー -RuinsClimber-」が、たーのしー! #TGS2018

  • author ヤマダユウス型
ロープをたぐって登るアクションゲーム「イセキクライマー -RuinsClimber-」が、たーのしー! #TGS2018
Image: ギズモード・ジャパン

2018年9月20日(木)〜23日(日)、今年もゲームの祭典「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」が幕張メッセにて開催中です。きましたね、この季節が!

今年はインディーズゲームが面白そうだなーと思いまして(直感)、インディーズのブースを見て回っていたのですが。早速気になるゲームを見つけましたよ。その名も「イセキクライマー -RuinsClimber-」。開発者は、MIYAZAWORKS主宰の宮澤卓宏さんです。

180920_iseki_2
Photo: ギズモード・ジャパン


180920_iseki_4
Photo: ギズモード・ジャパン
ひとつのコントローラーにつき4つのボタンがありますが、青色と黄色で役割は同じ。黄色はちっちゃいお子様向けです。

これ、本物のロープを使った端末がコントローラーになってまして、クライマーの名の通りロープをぐるぐるとたぐりながら登るゲームなんですよ。ボタンで左右のレーンを移動したりとアーケードゲーム「クレイジークライマー(1980年)」に似たルールなんですが、このコントローラーがとってもユニーク。

iseki_move_1
Image: ギズモード・ジャパン

ロープをたぐるとコントローラーに付いている筒が回転し、この回転が上昇を検知する仕組みになっています。なので、逆回転にまわすと下降も可能。障害物に応じて、いったん下がる判断もアリ、ということですね。2人プレイにも対応していて、相手にアタックして落下させるなんてこともできます。

実際に身体を動かしてロープをたぐりよせるのと、ゲーム中のキャラクターが上に登って行くのと、その連動がプレイしていてとても気持ち良いです。勢いよくたぐると一気に登れるのも快感ですし、コントローラーってゲーム体験にダイレクトにくるなぁと思っちゃいました。

Video: takmiyazawa/YouTube

こちらは、台湾のゲームイベント「GameOnWeekend」出展時のPV。宮澤さんはさまざまなコントローラーのゲームを制作されており、過去にはシャンプーボトルをコントローラーにしたことも。

Video: takmiyazawa/YouTube

今年のゲームショウは、出展者数、小間数ともに過去最大規模。参加される人は、ぜひ意欲溢れるインディーズブースにも足を運んでみて下さい。

Source: TOKYO GAME SHOW 2018, MIYAZAWORKS, YouTube(1, 2

あわせて読みたい

powered by