深い…。タコをエクスタシーで泳がせたら驚くべき結果に

  • 35,943

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • satomi
深い…。タコをエクスタシーで泳がせたら驚くべき結果に
Image: Jim Cooke(Gizmodo US)

人間とは異星人ほどもかけ離れた脳構造をもつタコにMDMA(通称:エクスタシー/アメリカ、日本でも合成麻薬として法律で禁止されている)を投与してみたところ、異星人らしからぬ行動を見せ、学界に静かな衝撃が走っています。

タコは無脊椎動物とは思えないほど頭がよく、瓶に閉じ込められても普通に蓋を回して出てくるので新江ノ島水族館も大変みたいですが、人間とは5億年前に進化の枝が分かれており、頭がいいことぐらいしか共通点はなく、指揮系統は脳の一極集中ではなく足1本1本にまで分散していて、足を切り落としても足単体で刺激に反応して動き回ったり、脳の構造は人間とは似ても似つきません。

これだけ脳が違うんだし、人間と違ってタコはぼっちが好きなんだから、群れる行動を支配するセロトニンを司る神経系も同じなわけないよね…と思って、Gül Dölen神経科学准教授が研究仲間のEric Edsinger海洋生物学者と調べてみたら、なんとタコのゲノムにもちゃっかりセロトニンの幸福を脳に運ぶタンパク質「セロトニントランスポーター」遺伝子のコードがあるではありませんか!

セロトニンは幸せホルモン。心のバランスを整え、ストレスを減らし、愛を増す多幸物質です。この遺伝子があるんならセロトニンに作用して多幸感を高めるMDMAも効くんじゃ…となり、やってみたのが今回の実験です。

MDMAを入れた水槽で実験

さっそくラボの水槽にMDMAを入れてタコ7匹(学名:Octopus bimaculoides)を放流。たっぷりMDMAを吸わせたうえで別の水槽に移し、

・オスのタコがいる部屋

・真ん中のなにもない部屋

・おもちゃがある部屋

以上3つの部屋を用意し、どの部屋を選ぶかでタコの気分を判定してみました(マウス実験ではよくやる社交性判定術)。するとMDMAに浸る前のタコはオスに見向きもしなかったのに、MDMAに浸った後には、オスに寄っていったんだそうです。

この驚くべき結果は論文にまとめてCurrent Biologyに掲載されています。タコはオスを選んだのみならずその体に触れ、その触れ方も威嚇する感じではなく撫で回すかのようだったと論文では詳細に述べられています。

180923octopus_bimaculoides
Photo: Tom Kleindinst
実験で使われたのはこんなタコ

この結果から准教授らは、群れる行動は脳の構造よりむしろ、DNAにコード配列のある分子そのものに組み込まれていると結論付けました。取材にはこう語っています。

タコには皮質も報酬系もない。これだけ脳の構造が違うにもかかわらず、こうしてMDMAに反応し、同じ作用が発現した。要は分子レベルで起こっている、という認識に立って考える必要がありそうだ。(Dölen准教授)

気になるのはタコの幻覚症状ですが、これはなんせタコの頭の中のことなので知りようもないことだと言っていました。ただ、発現した行動は人間にとても近く、MDMAをちょっと摂取し過ぎると息遣いが荒くなって白くなり、少量摂取したときには手足を広げて「水中バレーを踊るかのように」振る舞うタコ、くるくる回るタコ、ちょっとした音や匂いに敏感に反応するタコなどいたとのことです。

この結果についてオレゴン大学のポスドク研究員のJudit Pungorさんに感想を尋ねてみたところ…

驚くべき論文だ。想像だにしなかった結果であり、にわかには信じられないほどだ。人間とまったく別個の進化を遂げた脳を持つ生物が、ドラッグを与えた途端、人間そっくりに行動するのだ。たまげるね。

…と未だに衝撃を隠せない様子。

母数が7匹ぽっちなので男女の反応差もわからないし、いろいろ粗のある実験ではありますが、今度やるときは事前にセロトニントランスミッターをブロックしてもっと厳密に確かめたい、と准教授はやる気を燃やしています。Pungorさんも、いろんな年齢のタコ、生い立ちの違うタコで差を確かめてみたいと西海岸で小さく盛り上がってます。たくさん研究費がつきそうですね。

薬物が脳の進化を解明する?

最近学会では抗うつ剤やPTSD治療薬として向精神薬(LSD、MDMA、マッシュルームなど)の研究が大っぴらに語られるようになりマイナスイメージが薄れて研究費も増大中です。「脳の進化を解明する強力な武器なことは認めてもいいのでは。これだけ行動が変わるんです。誰の目にも明らかなほどに」と准教授は語っています。

それにしてもタコ。神秘ですね。殻と自由の二択で、タコは自由を選んで海に旅立ちました。殻がないからカモフラージュしたり、知恵が進化したのだとされます。いっとき不安を忘れて踊るタコ、見たかったな。

2018年9月27日 10:30訂正:一部、実験内容の表現を訂正いたしました。

Source: Current Biology

こちらもおすすめ