時代だ…。日本にインスパイアされたセックスドール風俗店がトロントにオープン

  • 30,134

時代だ…。日本にインスパイアされたセックスドール風俗店がトロントにオープン
Image: Getty Images News/Lukas Schulze/ゲッティ イメージズ

徐々に広がりそう。

日本にヒントを得たセックスドール風俗店が9月8日にトロントでオープンします。欧州では昨年現れ物議を醸していますが、北米ではここが初。運営会社のAura Dollsはウェブサイトで、「リアル彼女のしがらみと制約抜きにニーズを満たす、まったく新しい楽しみ方をお届けするのが当社のビジョン」と、社会奉仕か何かのように謳っていますよ。

どんなサービス内容なの?

場所は秘密で、予約後に明かされるシステムです。クライアントは6体あるドールの中から自分好みの年齢(21~24歳)、人種、目と髪の色、体形の人形を選ぶことができます。プロフィールには性格も書かれていて、「Yukiちゃんは、常連さん・事前予約が好き。ほかのAura Dollsと遊ぶとやきもちを焼きます」とかいう、妄想と虚構のファンタジーワールドが広がっています。

気になる料金は1体30分で80ドル、2体なら4時間で960ドル。今は25%OFFのグランドオープンキャンペーン実施中です。もうじき月極プランも出る予定。男性ドールのリクエストも入っていますが、当面導入は考えていないようです。

場所は秘密のはずなんですが、地元TV局のCityNewsがさっそく取材に行き、店の前から詳しく報じています。「裏口から入って表から出る一歩通行なので、ほかのクライアントと鉢合わせすることもありません」と、表玄関を所番地までクローズアップで放映しながら大真面目に解説していて、ジョークのレベルが違うと感心してしまいました。

アイデア元は日本

創業者は匿名希望とのことですが、広報担当ディレクターのClaire Leeさんによると、「日本訪問でこの起業アイディアを思いついた」のだといいます。日本はいろんなものをインスパイアしていますね。

スペインでは営業許可で引っかかって1カ月で閉店という騒ぎもありましたが、トロントはまだ適用法がないため違法ではありません。「広まったら規制も考える」と市は答えていますよ。

風俗ワーカーの人権運動をしているMonica Forresterさんは、 「語りにくい雰囲気を打開し、職業差別の是正につながれば」とCityNewsの取材に答えています。

一方、パリでは今年2月にオープンしたセックスドール風俗店「XDolls」に「人形レイプはやめろ」と、風俗反対運動の女性たちが抗議しています。人間が傷つくから反対するのかと思ったら、ロボもダメみたい。「女子をモノ扱いするな」と反対していたら、本当にモノが出てきた、という…。こちらも大きな岐路に立たされています。

賛否はありますが、セックスドール風俗店、広まることはあっても当分減ることはなさそうです。こんなに払うんだったら買えば?って思っちゃいますけど、取り寄せるほどの熱意も場所もないけど一度は試してみたいと思っているマニア未満な人は案外多いのかもしれませんね。

Source: CityNews, Aura Dolls