ペットボトルで低音を増幅させる小型Bluetoothスピーカー「Sodapop」

  • 5,603

  • author 岡本玄介
ペットボトルで低音を増幅させる小型Bluetoothスピーカー「Sodapop」
Image: Kickstarter

そんな使い道が。

一口に小型Bluetoothスピーカーといっても、昨今さまざまなものが出回っています。が、小型だとどうしてもボリューム不足は否定できません。

そんな不満を解消すべく、ペットボトルで低音を増幅させる小型Bluetoothスピーカー「Sodapop」が誕生しました。これは、ステレオスピーカーの底面をペットボトルに合体させることで、低音が最大10db増幅するという仕組みです。じゃあ10dbがどれくらいなのかというと、人の耳では倍の音量に聞こえるそう。

Video: Sodapop Audio/YouTube

designboomによると、Sodapopが作られたのはノルウェーのオスロ。彼らいわく、音の増幅はボトル内で振動する空気によるものなんだそう。

ボトルの底には振動するメンブレンが仕込まれており、これが低音をさらに反響させてくれるようになっています。収納時は携帯性にも優れ、市販のペットボトルとも合体させることが可能。連続再生時間は30時間と、長持ちしてくれるのも嬉しいですね。

バッテリーは1600mAh 3.7Vの充電池が内蔵されています。音楽再生だけでなく、電話の音声も流してくれるというから便利。

Sodapopは現在、Kickstarterにて資金を募集しています。すでに20万ノルウェー・クローネ(約265万円)の目標額をやや超えたため、製品化は実現しそう。

これならレジャーや旅行でも重宝しそう。ゲットしたら2Lボトルでも試してみたいですね。

Source: YouTube via designboom, Kickstarter via Sodapop

あわせて読みたい

powered by