歯に装着する謎の通話デバイス、ペンタゴンから多額の資金を調達

  • author Jennings Brown - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
歯に装着する謎の通話デバイス、ペンタゴンから多額の資金を調達
Image: Sonitus

電話は耳から歯で聞くという時代が来るのでしょうか。

「国防イノベーション部隊実験(Defense Innovation Unit Experimental:DIUx)」は、Ash Carter元アメリカ国防長官によって2015年に作られた、ドローンやコミュニケーションシステム、サイバーセキュリティなどシリコンバレーの技術の先端技術を軍事導入するための組織です。

ドナルド・トランプ政権はバラク・オバマ時代の事業への継続サポートをしていますが、オバマ時代にできたDIUxについては、共和党のメンバーたちが国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency:DARPA)と機能がオーバーラップしていると非難を受けています。

そんなDIUxが支援している企業のひとつであるSonitus(ソニタス)が、歯に装着するコミュニケーションデバイスの開発のために多額の資金調達をしたと発表。「Molar Mic」と呼ばれ、まずはアメリカ空軍に供給されるようです。その後、他の軍にも行き渡ることになるそう。Sonitusが受けた資金額は、なんと1000万ドル(約11億円)だったと国防省(ペンタゴン)が発表しています。

歯にかぶせる電話って、一体なに?

SonitusのPeter Hadrovic社長は、Molar Micは骨伝導電話のようなもので歯の「聴覚路」を利用したコミュニケーションデバイスだと説明しています。ユーザーはデバイスを装着してその音声を理解できるそうですが、使えば使うほど簡単になっていくとのこと。「3週間ほどでユーザーの脳が音声を受け入れ、音声を処理する能力が高まって行くのです」とHadrovic社長は語っています。

デバイスはBluetoothのようなトランスミッターと同期する、近距離磁気誘導(Near Field Magnetic Induction)を利用。ユーザーの歯に合わせて作られ、一番奥にある臼歯に引っ掛けて装着するようになっています。マイクと充電式バッテリーは口に入れるので、もちろん防水です。

現在の試作品を見ると、なんか結構モコっとしていて、間違えて飲み込んでしまいそうな感じ。ですけど、ミッションのために飛行機から飛び降りたり長距離泳ぐようなエージェントたちにとっては、口の中にしまっておけるデバイスって便利なんでしょうね。

Sonitusは、もともとCIAが投資したベンチャーキャピタルIn-Q-Telからの資金から開発し始めていました。しかしこれをCIAが使ったかどうかについては、Hadrovic社長は明かしていません。なお、試作品のMolar Micは実際にアフガニスタンで使用され、すでにフィードバックも受けているとのこと。また2017年に甚大な被害をもたらしたハリケーン・ハービーの救出作戦の際にもMolar Micは使用されていたとのことです。口の中のデバイスでコミュニケーションを取って連携していたんですね。

Sonitusの広報は、これが市場向けになるのか消費者向けになるのかなど、詳しいことは語ってくれていません。ですが、防衛省で使われたものが私たちの市場にも広がったら、将来的に口の中に電話を入れる世界になっていくんでしょうか? 変な感じですけど、便利っちゃ便利かも。

Source: Sonitus, Defense One

あわせて読みたい

powered by