ソニー、2040年までに全電力を再生可能エネルギーでまかなうことに

  • author 岡本玄介
ソニー、2040年までに全電力を再生可能エネルギーでまかなうことに
Image: JPstock/Shutterstock.com

目標は高く!

カメラ、ゲーム機、テレビなど家電でお馴染みのSONY(ソニー)が、エネルギー問題に目を向けています。彼らは多くの消費者や投資家が環境問題を心配していることと、企業価値を高めるために、2040年までに全電力を再生可能エネルギーにすることにした、とNIKKEI ASIAN REVIEWが報じています。

ソニーは家電の製造だけでなく、映画や映像のコンテンツなども制作していますよね。彼らは再生エネルギーによって、それらもまかなえるようにするというのです。再生エネルギーは、世界中にある111の施設に設置した太陽光パネルから発電しつつ、クリーンエネルギーを購入することも考えているとのこと。現状では7%しかまかなえていませんが、2030年の時点で30%を目標にしています。

実はすでに、ヨーロッパにあるソニーは、100%クリーンエネルギーを利用しているそう。ですが半導体の製造に全電力の80%が消費されてしまうため、日本ではそこまで追いついていません。

ただ、日本には「固定価格買い取り制度」があるので、設備に投資しやすい環境は整っています。くわえてNIKKEI ASIAN REVIEWには、2032年太陽光発電施設が制度発足以降20周年を迎え、高齢化を迎えることを踏まえると「ソニーは事業者から設備を購入するチャンスを得られるだろう」とのこと。コスパ的観点も計画の一部として考えられます。

ちなみに、パネルの期待寿命は20年~30年。2030年代頃には、経年劣化や保証期間切れなどの要因だけでなく、新型や次世代型が登場し、各所で交換ラッシュが起こるタイミングになっているかもしれません。それを考えると、2030年時点で30%の目標は現実味もありそう。ですが30%から10年で100%へは、どのように押し上げるのかが気になります。

いずれ、将来的にはIKEA(イケア)やApple(アップル)などが名を連ねる国際イニシアチブ「RE100プロジェクト」にも加盟するのでしょうか?

Source: NIKKEI ASIAN REVIEW, 経済産業省資源エネルギー庁, 太陽光発電メリット・デメリット

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ