長らくお待たせしていたTeenage Engineeringの「OP-Z」、ついに予約開始

  • 7,147

  • author ヤマダユウス型
長らくお待たせしていたTeenage Engineeringの「OP-Z」、ついに予約開始
Image: MusicRadar

長い、永い待ち時間でした。

楽しくポップなシンセサイザーを世に送り続けているスウェーデンの電子楽器メーカーTeenage Engineeringが、ついに、ついに、「OP-Z」の予約を始めました。もうずっと出ないのでは?と思ってた時期もありましたが、ついに!

OP-Zは、Teenage Engineeringの名機「OP-1」のルックスを継承したシンセサイザーで、OP-1の次世代機が来たこれで勝つると注目され続けていました。発表されたのが2016年くらいでしたから、長〜いこと待たれていたんですよね。時間がかかった理由は、製品を一度再考、つまり作り直したから。

Video: sonicstate/YouTube

後継というには斬新な点も多くて。基本は16トラックのシーケンサーなんですけど、照明を操作するDMX信号を再生できたり、映像をVJのようにリアルタイム制御したり、アプリと連携できたりするんです。音楽を作りながら、照明や映像もシンクさせて制御できる。要は、もう絶対楽しいヤツです。

既に第1陣の予約は完売してるみたいで、確実にゲットしたい人はTeenage EngineeringのWebサイトにサインアップし、在庫通知を入れておくのが吉。価格は599ドル(約6万7060円)程度と見られてます。

僕個人としても、「一体どんな楽器になるんだ?」と、これほど長く夢想した楽器はありません。最近はレポートや演奏動画も増えてきたので心も落ち着きましたけど。いやー、ついに販売かー。

Video: 瀬戸弘司 / Koji Seto/YouTube

Source: MusicRadar, YouTube(1, 2