Windows 10次期アップデートは「Windows 10 October 2018 Update」。10月までウズウズ

  • 22,050

  • author 小暮ひさのり
Windows 10次期アップデートは「Windows 10 October 2018 Update」。10月までウズウズ
Image: Windows Experience Blog

名称発表。より多くの体験が期待できます。

Microsoft(マイクロソフト)はベルリンで行なわれているIFA 2018にて、次回のWindodwsの大規模アップデートの名称を「Windows 10 October 2018 Update」と呼ぶことを発表しました。

Microsoftのペースが優秀

現行バージョン「April 2018 Update」が公開されたのが2018年4月30日ですから、これまでと同じく半年スパンで大規模アップデートが降ってくるというペース。いいじゃん、いいじゃんMicrosoft。

期待されるアップデート内容

そして、気になるのはアップデート内容。おそらくテストビルド版として開発者向けに公開されている「Redstone 5」の内容が反映されるものだと思われます。期待できる追加内容はざっくりと以下のような感じ。

・エクスプローラーでもダークテーマ対応
・スクリーンショット機能の強化。範囲選択などが可能に
・タッチ操作向けのSwiftKeyキーボードへの対応
・ Windows Mixed Realityのアップデート。外部モニタ無しでもOK!
・スマホとも連動できるクラウドクリップボード
・スマホと同期して写真、通知、SMSを共有する「Your Phone」機能
・Windows Updateが頭良くなる。機械学習を使用して、強制更新の傾向が控えめに
・ゲームバーを強化。オーディオ収録やパフォーマンスモニタリング機能を追加
・外付けGPUを安全に取り外す、新しい「安全な取り外し」通知機能
・Edgeの機能追加。メディアの自動再生管理や、Windows Helloを使ってのWebサイトログイン(WebAuthn)の追加

ほかにも気になる続報がありそう

個人的には、エクスプローラのダークテーマ(今まで対応アプリだけだった気がする!)や、Windows Updateが賢くなるところに猛烈に期待しております。あと、クラウドクリップボードや「Your Phone」は、複数マシンやスマホと一緒に使っている人にとっては便利そうな機能なので、こちらも楽しみだなぁ。

基調講演によれば、「Windows 10 October 2018 Update」のアップデート内容に関しては今後数週間に渡ってお知らせする。とのことなので、いったいどんな機能が増えて、どう便利になるのか? じらされつつ楽しみに待ちましょうか。

Source: Windows Experience Blog, Windows Central

あわせて読みたい

powered by