Withingsが新作スマートウォッチをひっさげて帰ってきました

  • 19,919

  • author ヤマダユウス型
Withingsが新作スマートウォッチをひっさげて帰ってきました
Image: Withings

既存のユーザーには「Withingsがお客様とともに」というメールも届きましたね。

Nokia(ノキア)がWithings(ウィジングズ)を買収したのが、2016年。数年のあいだNokia Healthとしてがんばってきましたが、2018年5月にデジタルヘルス事業をWithingsに戻すかたちで売却。あれから4ヶ月、売却後初となるWithings印の新型スマートウォッチ「Steel HR Sport」が発表されました。

Video: Withings/YouTube

Withingsの復活を告げるSteel HR Sportは、2016年にNokiaブランドでリリースされた「Steel HR」と同様の機能(Withings版Steel HRとも同様と思われます)に加えて、スマホ接続時に使えるGPS機能を搭載。ランニングやサイクリングのコース、走行距離、高低差が記録できるようになりました。サイズなどはSteel HRと同じですが、赤をアクセントとするデザインにマイナーチェンジ。

180919steelhrsport_02
Image: Withings

また、フィットネスレベルの評価機能も強化。30以上のスポーツから選択、あるいは自動認識し、VO2max(最大酸素摂取量)に基づいた評価が可能に。Sportの名の通りアクティビティ面を強化しつつも、バッテリーは最大で25日、省電力モードでさらに20日ももつという、Steel HR由来のスタミナっぷりは健在です。

価格は199.95ドル(約2万2460円)、2018年9月18日(火)からAmazonや各家電量販店で販売が始まります。ほどほどのトラッカー機能と充分なバッテリーをスマートウォッチに求める人にとって、またひとつ魅力的な選択肢が出てきましたね。Withings、復活ッ!

Source: The Verge, GSMArena.com news, YouTube

あわせて読みたい

powered by