人間の受精卵を使った遺伝子編集、日本でもはじまるかも

  • author 武者良太
人間の受精卵を使った遺伝子編集、日本でもはじまるかも
Image: vchal/Shutterstock

再生医療先進国に向けて。

ゲノム編集の分野ではアメリカと中国の存在感が大きかったのですが、日本でもベンチャー企業やスタートアップがさらに生まれていくかも。

日本でも受精卵のゲノム編集が解禁

人間の受精卵を用いたゲノム編集の基礎研究が、2019年の春に解禁される見込みがでてきました。

文部科学省と厚生労働省、両省による専門家会議がまとめた指針案によると、生殖補助医療を目的とした基礎研究限定で、不妊治療によって摘出されることになった受精卵のみ使えます。また遺伝子パラメータをいじった受精卵を人間に戻すのはアウト

ゲノム編集の果てには…?

遺伝子編集の可能性はまったくもって未知数です。ガンや他の難病の治療に活かす研究も行なえるでしょうけど、デザイナーベビーが生まれる世界線もありえる?

内閣府の生命倫理専門調査会によれば現状、法規制ではなく、指針による規制を行なう方針とのこと。法的な拘束力は持たないというあたりが気になりますが…。

マジでSFの世界が、ノンフィクションになってくるんだなあ。

Source: Nature

あわせて読みたい

powered by