庭も3Dプリントできる未来。手入れも楽だし、公園や農園までプリントできるかも

  • author 武者良太
庭も3Dプリントできる未来。手入れも楽だし、公園や農園までプリントできるかも
Photo: 武者良太

ランドスケーブの土台が3Dプリンターで作れるって、夢があるなあ。

3Dプリンタ建築の実例が増えてきました。構造力学の命じるままにデザインできるし強度も高いしローコストだしでメリットだらけ。

しかし建物だけができたとしてもハートフルなデイズは送れませんよね。庭だってほしいですよね。

水耕栽培のポットや庭を作るPRINTABLE GARDEN

IMG_8039
Photo: 武者良太

PRINTABLE GARDEN」が目指しているのは、水耕栽培地となる場を樹脂で出力すること。ソニーCSLのオープンハウスで展示されていたのは水耕栽培ポットでしたが、根や茎を支えるメッシュ面の生成ってたしかに3Dプリンターが得意としていることですよね。

IMG_8038
Photo: 武者良太

建築物が作れるサイズの3Dプリンターであれば、もっと大規模な水耕栽培地を作れるはず。そう、庭とか公園とかね

動植物が生息しやすいように坂や川などの凸凹を3Dプリンタで出力していけば、ビオトープも作りやすそう。餌をやらない掃除もしなくていいメダカ池のある庭や、ホタルが住みやすい地形データとか共有されたらおもしろそうじゃないですか。

苗床のウレタンスポンジの交換が面倒そうな気もしますが、自由なランドスケーブデザインが可能な未来はきっと、鮮やかな緑色をしていそうな気がします。

    あわせて読みたい

    powered by