Windows 10 October 2018 Updateでできるようになった9のこと

  • 35,064

Windows 10 October 2018 Updateでできるようになった9のこと
Image: Microsoft

Surfaceの新型シリーズがついに発表されましたが、 MicrosoftはOSについても、「Windows 10 October 2018」アップデートで大幅な刷新を行なっています。 このアップデートはファイルが消えてしまう不具合があり、1度公開を中止していましたが、まもなく一般に提供が再開されることでしょう。新しいアップデートではどんな点が新しくなるのか、まとめてみました。

Windowsのことですから、今回も全体で細かい改善がたくさん行なわれることが予想されますが、特に気になる大きな改良点をピックアップしてみました。


1) スマホとWindows 10を同期できるように

windows2
Image: Gizmodo US

Windows 10 October 2018 Update最大の改善点は、スマホとの連携アプリではないでしょうか。このアプリにはスタートメニューからアクセスできます。「Phone Companion」アプリでも似たような機能が展開されていましたが、今回のアップデートでは Windowsとスマホを同期させることができるようになり、さらに便利になっています。

残念ながらiPhoneでは使える機能がかなり制限されているようですが(ウェブリンクの共有のみ)、 AndroidではWindows 10からSMSができるようになる、スマホとコンピュータ間で写真を同期できるなど、かなり機能性は高まっています。

Windows 10とスマホをひもづけてセットアップするには「Get started」をクリックします(スマホにはMicrosoftアプリをインストールする必要あり)。Microsoftはディスプレイの完全ミラーリングなどその他の機能も展開される予定としています。(まずはAndroidから展開)

「タイムライン」は、最近展開されたWindows 10の機能ですが、スマホでもタイムラインが使えるようになります。タイムラインは最近Windows上で行なったアクティビティを時系列順に表示してくれます。Android用のMicrosoft Launcherをインストールすれば、スマホでも同じTimelineを表示させることができるようになります。

2) ファイルエクスプローラでのダークモード

windows3
Image: Gizmodo US

ダークモードなんて目新しくもなんともありませんが、Windows 10 October 2018ではファイルエクスプローラにダークモードが登場します。 ダークな表示で目にやさしい。Windowsの設定から、「個人用設定」→「色」を選択すると設定できます。

3) スクリーンショットが強化

windows4
Image: Gizmodo US

スクリーンショットは便利なツールですよね。Windows 10 October 2018アップデートから「切り取り領域とスケッチ」が正式なWindows 10の機能に仲間入りしています。 ショートカットは「Windows+Shift+S」。 画面の一部を切り取ってその上にお絵かきしたり、画面全体のスクショを撮ったりできます。

画像は自動的にクリップボードにコピーされますが、スタートメニューから「切り取り領域とスケッチ」を起動させれば画像を切り取るなどの編集を加えることもできます。旧ツールも同様に使用できます。

4) クリップボード履歴と同期機能

4
Image: Gizmodo US

クラウドクリップボード」は、同じMicrosoft IDを使用することで複数端末で機能するだけでなく、コピーしたアイテムを記憶できるようになっています。設定から、システムで「クリップボード」を選択して、同期機能をオンにしておけば、この機能が使えるようになります。

ショートカットは「Win+V」。 ここからCloud Clipboardインターフェースを呼び出すことができ、今何が保存されているかを確認することもできます。 アイテムをクリックすればすぐに貼り付けてきます。またはピンアイコンをクリックすると削除されるまでそのアイテムは保存しておけます。

5) 検索がさらにスマートに

windows5
Image: Gizmodo US

タスクバーの検索ボックスをクリックすると、検索インターフェースが変わったことに気づくでしょう。履歴を含め、設定、アプリ、ウェブ、パネルなどを一挙にここから検索できるようになりました。Cortanaの提案も表示されるようになります。

検索するとメニューペインが開き、システムショートカット、ウェブ検索などに簡単にアクセスできるようになっています。一部のタイムライン機能は前述のとおりスマホのアプリからも使用できます。

6) Windowsアップデートが簡単に

windows6
Image: Gizmodo US

Windowsの機械学習アルゴリズムで、OSが自動的にあなたのコンピュータがアイドル状態になる時間を学習し、アップデートを行なう最適な時間や、システム再起動を避けたほうがよい時間帯を判断してくれます。

アップデート時には、再起動後の自動消音(睡眠中のアップデートに便利)が使用できるようになり、パッチはバックグラウンド処理されるようにもなっています。Microsoftでは、端末がオフラインになる時間が将来的には3分の1になるとしています。

7) 絵文字の使用

windows7
Image: Gizmodo US

Windows 10 October 2018アップデートには新しい絵文字が登場します。システムでテキストが入力できる場面では、いつでも絵文字を使用できるのです。白鳥、ロブスター、スケートボードなどが追加されています。「Win+. (ピリオド)」を押すと、どんな絵文字があるのか一覧表示されます。

8) Microsoft Edgeのページテーマを変えられる

ezgif.com-webp-to-jpg
Image: Gizmodo US

Microsoft Edgeのリーディングビューの外観が変更できるようになりました。アドレスバーのアイコンをクリックするとリーディングビューに切り替えできますが、ツールバーで「ラーニングツール」をクリックすると、リーディングビューのスキンの色を選択できます。

Windows 10 October 2018アップデートではリーティングビュー自体も改善されています。言葉をダブルクリックすると意味が表示されるようになりました。これはオフラインでも使用できます。残念ながらこれはウェブサイトビューでは使用できませんが、これから改善される可能性はあります。

このWindows 10 October 2018アップデートでもっとも便利さが向上しているのはEdgeではないでしょうか。キーメニューが大きくなり、ツールバーがカスタマイズできるようになっています。PDFの管理が簡単になり、ブラウザインターフェースがすっきりと見やすくなっています。

9) Game Barでオーディオ制御

9
Image: Gizmodo US

Windows 10のパソコンでゲームを録画するためのGame Barも刷新されました。特にゲームを止めなくてもオーディオチャンネルを個別にリアルタイムで制御できるようになっています。

その他にも、 Game Barの見た目がクリーンになり、スタートメニューからの起動もスムーズになっています。Microsoftによれば、Game Modeでのゲーム体験がさらにスムーズになるような機能変更もこれから提供されるとのこと。どんどん操作性がアップするようです。

あわせて読みたい

powered by