Adobe、ソーシャル向け新ビデオ制作ツール「Premiere Rush CC」を正式発表

  • 9,596

  • author ヤマダユウス型
Adobe、ソーシャル向け新ビデオ制作ツール「Premiere Rush CC」を正式発表
Image: Adobe

もう複雑なシーケンス設定ともおさらばできる……!?

2018年10月15日(月)、ロサンゼルスで開催されているAdobe MAX 2018にて、PC/アプリ向け動画制作ツール「Premiere Rush CC」が発表されました。Project Rushという名前で、今年6月にお披露目されていたビデオツールの正式版ですね。Premiereの名を冠してきたか。

このRushは、主要ソーシャルプラットフォームへの投稿に最適されたツールとのこと。Premier Pro CCとAfter Effects CCのパワーを受け継ぎ、動画の制作と編集、そして投稿までをオールインワンで完結させます。今まではAfter Effectsで素材を作ってPremiereで繋げて……という、複数のツールをまたいで作業していましたが、それがなくなるのです。

さらに、YouTubeをはじめとするソーシャルメディアへの投稿も柔軟に設定可能。サムネイルの作成やスケジュール投稿、複数のソーシャルメディアへもワンクリックで完了できるとのこと。Premiereでは書き出し設定にYouTubeや4Kなどのプリセットが用意されていますが、そのへんの操作感もわかりやすくなるんでしょうか。

おもしろいのは、Adobe Stockと統合されていることにより、モーショングラフィックスのテンプレートが呼び出せるようになったところ。写真素材を使う感覚で、プロが作ったモーショングラフィックスを自分の動画に応用できるのですね。SNSで見かけるプロの野良モーショングラフィッカーさんたちには、ぜひAdobe Stockに素材を卸していただきたいところ。

あまり目立ってなかったAdobe Auditionも、Rushに力を与えています。マシンラーニングのAdobe Senseiによる自動ダッキング機能は、ワンクリックでのBGM一括調整を可能にしました。Lightroomでも写真の一括補正とかがありましたし、こういう活かされ方もあるのかぁ。

「Premiere Rush CC」はWindows、macOS、iOSですでに利用可能で、Android版も2019年に提供開始予定です。価格は個人版で月額980円、グループ版で月額1,980円。PremiereとAfter Effectsをイイトコドリしたような動画制作ツールと言われたら、もう期待しかないですよ。スマホでのガチ動画撮影も増えてきたし、次は制作ツールがガチになる番です。

2018年10月16日 15:55 訂正:「2019年提供開始予定」としておりましたが、Android版のみが2019年提供開始予定で、他OSではすでに提供されています。お詫びして訂正いたします。

Source: Adobe, Adobe Creative Station

あわせて読みたい

powered by