株に1ミリも興味がない僕でも、VRトレーディングシステムには心を奪われた #CEATEC2018

  • author 小暮ひさのり
株に1ミリも興味がない僕でも、VRトレーディングシステムには心を奪われた #CEATEC2018
Photo: 山本勇磨

申し訳ないんですけど、日々の業務で使いたい!

CEATEC JAPAN 2018のカブドットコム証券ブースでは、VRを使ったトレーディングビューシステム「VR-Station」を体験できました。ディスプレイをたくさん並べる代わりに、VR/MRヘッドセット(デモではDell Visor)を使って、空間全域に株価情報やチャートなど、株式取引に必要な画面を並べるシステム。

株とか1ミリも興味ないんですけど、VRでキョロキョロしている人が居るブースが気になって、吸い込まれるように向かっていったら、ステキな出会いが待っていたのです。

181018_ceatec_trader_vr-1165157
Photo: 山本勇磨

仮想空間にはチャートや株価情報のウィンドウがズラァ〜っと並んでいます。モニターには自分の見える範囲しか表示されていませんけど、後ろのほうにもたくさんのウインドウが浮かんでいます。

181018_ceatec_trader_vr-1165174
Photo: 山本勇磨

眼の前に広がる情報量に圧倒されるライター小暮。思わず口も開きます。

これ、モニターを8台も9台も配置するよりも、遥かに省スペースで効率的ですね。体勢にも縛られなそうだし、すごく怠惰システムな予感。

181018_ceatec_trader_vr-1165199
Photo: 山本勇磨

しかもそれらの情報は、コントローラーを使って、ウインドウを好きな位置に移動できるんです。バックグラウンドに送る代わりに遠くに配置したり、注目したいウインドウは近くに引き寄せて大きく見たりもOK。

手元にウインドウを置けば、まさにモニターを眺めているような感覚になりますし、文字もそれなりにキレイに見えます。これって株とか抜きにしても、コンピューター用モニターの発展した姿として魅力的じゃないですか?

自分の手元に、ぐるーっと囲むようにウインドウを配置して電脳ワーク空間の完成。手元にキーボードがあれば、PC作業環境として完璧!

僕はヴァーチャルの世界で仕事をしたい。VRをかぶり、手元にはキーボードを備え、いつも周囲を見回している。サウイフモノニワタシハナリタイ。

Source: CEATEC JAPAN 2018

    あわせて読みたい

    powered by