DIYロボットでテクノを演奏し、世界初の完全ロボ演奏レコードを出すミュージシャン

  • author 岡本玄介
DIYロボットでテクノを演奏し、世界初の完全ロボ演奏レコードを出すミュージシャン
Image: Moritz Simon Geist/YouTube

複雑な機構ですが、実在の楽器を模しています。

メディア・アーティストのモーティス・サイモン・ガイストさんは、10月12日に新作レコードを発売するんですが……ここに、世界で初めて手作りロボットにすべてを演奏させたテクノ音楽が収録されるんだそうです。

ロボットはただの人形やアーム型というわけではありません。拾ってきた廃モーターやHDDのステッピング・モーター、3D印刷されたカリンバ(赤い電池みたいな装置)などを組み合わせて作られています。では、どんな演奏になるんでしょうか?

Video: Moritz Simon Geist/YouTube

音だけでなくフラッシュが光ったり、オシロスコープの画面が波打ったりロボットたちが動いたりと、ビジュアル的にも楽しめます。完成までに何年もの時間を費やしたというこれらの装置。余計なボディをカットしたギターには4弦だけ張られており、こちらもモーターによるドリル奏法で音を奏でます。すぐ横にはマーシャルのミニアンプがあって、独特なアナログ・サウンドを演出。

こちらはロボットの解説映像です。メカ好きにはたまりません。

Video: Moritz Simon Geist/YouTube

ひとつひとつ見ると、メカニズムと音色がわかりますね。こうしたDIYロボットたちがひとつの音楽を奏でていたわけです。それをまとまりがあるように仕上げるガイストさん、お見事!

Source: YouTube(1, 2) via sonic robots

あわせて読みたい

powered by