DJI Ronin-Sレビュー:筋トレしなければ片手持ちでの撮影は限定的。でもインパクトのある映像は撮れる

  • 10,207

  • author 武者良太
DJI Ronin-Sレビュー:筋トレしなければ片手持ちでの撮影は限定的。でもインパクトのある映像は撮れる
Photo: 武者良太

スマホ用ジンバルと同じようにはいきませんね。

耐荷重3.6kgでフルサイズ一眼レフですら滑らかでスムース、TV番組のようなブレのないヌルヌル映像が撮れる大型三軸ジンバル、DJI「Ronin-S」。動画を撮影する方にとっては見過ごせない存在ではないでしょうか。

発売されるというニュースを知ったときは、9万2800円というプライスがずいぶん安く感じられたものです。しかしスマホ用ジンバルと同じく、一眼対応ジンバルもコモディティ化が進んでいるようで、耐荷重2.5kgの製品なら6万円台前半で買えるようになってきました。

安価モデルの実機を持っているわけではないので比較はできませんが、純粋に、9万円台の資金を投入して満足できる価値、感じられるのでしょうか。

フル機能が使えるカメラボディは限られている

IMG_6712
Photo: 武者良太

付属の硬質発泡スチロールのケースを開くと、どどん。隅々までメカメカしい。ジンバル本体と、グリップ兼バッテリーは取り外し可能で、両手持ちグリップ&三脚足やカメラ装着プレート、レンズサポーター、AC-USBチャージャー、レンチ、カメラ接続用ケーブルなどが付属します。

IMG_6709
Photo: 武者良太

バッテリーの持続時間は12時間と長め。

IMG_6703
Photo: 武者良太

しかしなんというか、重い。バッテリー込みの重量は約1.85kg。ここにカメラとレンズの重さを足すと...。正直、片手での長時間撮影は厳しいものがあります。両手持ちグリップ&三脚足をつけて、両手で撮影したくなります。

IMG_6708-2
Photo: 武者良太

一般的なスマホ用ジンバルはスマホの前、右横、下にモーターがありますが、Ronin-Sはカメラの斜め後ろ、右横、下となります。レンズの邪魔をせず、カメラのディスプレイの邪魔もしないレイアウトを追求したのでしょう。

IMG_6691
Photo: 武者良太

なお安価な一眼対応ジンバルの中にはモーターがカメラの後ろにくるため、ディスプレイが見づらいこと極まりない。タッチパネルの操作にも難があります。その点、Ronin-Sは安心して使えます

IMG_6696
Photo: 武者良太

本体のコントローラはカメラの向きを決めるジョイスティック、モード切り替えボタン(登録できるカスタムファンクションは3つ)、録画ボタン、フォーカスホイールが備わります。

IMG_6699
Photo: 武者良太

加えて電源ボタン、トリガー、アクセサリーポートもあります。トリガーは長押しでロック、2回押すとセンタリング、3回押すと180度回転して真後ろ(ユーザー側)を向きます。

なお録画ボタンとフォーカスホイール、またスマホアプリ側からのコントロールに対応している機種は以下の通り。

CANON:5D MKIII、5D MKIV、6D MKII

Panasonic:GH3、GH4、GH5、GH5s

Nikon:D850、D5

Sony:α7S、α7II、α7S II、α7R II、α7III、α7R III、α9、α6000、α6300、α6500

またバランスが取りやすいカメラとして、以下の名前も挙げられています。

CANON:60D、70D、80D、7Dシリーズ、1DX MKII

Sony:α9、α7シリーズ、α6000、α6500

Nikon:D810、D7500、D500、D800、D810A、D3/S/X、D300/S、D4/S、D600、D610、D700、D5000、D5100、D5200、D5300、D5500、D7000、D7100、D7200、D750、D90、Df

Hasselblad:X1D

バランス取りはしっかりと行ないたい

IMG_6702
Photo: 武者良太

あらかじめ5~6インチ級のスマホに合わせて作られたスマホ用ジンバルとは違い、Ronin-Sに一眼カメラを載せる際には微調整が欠かせません。適当にセッティングをするとモーターにもバッテリーにも負荷をかけることになるので要注意。

IMG_6700
Photo: 武者良太

なお装着するレンズ、ズーム倍率によっても調整が必要です。カメラ装着後にバランスをとり、スマホアプリでバランステストを行なってさらに微調整。そしてセッティングがでたら、各アームに刻まれているメジャーの数値をメモしておくといいですよ。

望遠時は風由来のブレがある

ここで使ったのはCANONのEOS Kiss M&EF-M15-45mm。もともと手ブレ補正力が控えめで、足の振動を拾いがちなボディですが、Ronin-Sのブレ補正力は驚くほどにスムースです。

ローアングルからハイアングルを、ダイナミックに動かしたときも、かなりの安定性といっていいのではないでしょうか。

さてRonin-Sは、だいたい85mmまでのレンズでブレを補正してくれるそうです。レンズやボディの大きさ、長さ、重さによって変わると考えると、軽いシステムならもうちょっと長めの焦点距離でもいけるかもしれません。

SONYのRX10M4200mmほどの焦点距離にして撮ってみたところ、歩きながらの撮影は完全にアウト。その場に立ちどまってジンバルを振るような撮影であればイケるかも?

さすがに600mm域ではブレというか、フレーミングが難しすぎ でもコレはコレで、映像の目的次第なら使い物になるかもしれません。ヘリから、車で逃げる犯人を追っている!みたいなシチュエーションとか!

三脚&スマホアプリを使うとタイムラプスやモーションラプス、パノラマ撮影が可能です。モーションラプスを試してみましたが、広角域ということもあって安定しまくり。

レンズを伸ばして135mm域でもチャレンジ。RX10M4の手ブレ補正は切りましたが、なにか補正機能がコンフリクトを起こしているような微振動がありますね。何度か試しましたが結果は同じ。撮影日はやや風の強い日で、どうやらジンバルの動きと風の当たり方のマッチングが悪かったようです。

インパクトのある美麗動画を撮りたいならアリ

IMG_6693
Photo: 武者良太

スマホジンバルほど優しくはありません。重いしゴツいし、車じゃないと運びたくないレベル。それでも一眼カメラならではの高精細さをブレのすくない安定した映像で活かしたいなら価値はあるとみました。

光の加減を見て、露出やボケの状態をあらかじめ決めておいてのシューティング。長時間動画の1発撮りではなく、短くもインパクトのある動画を撮りたいアイテムですね。それこそInstagramで注目を集めそうな動画とか。

アンケートが表示されない方はこちら

Source: DJI

DJI Ronin-S ほしい?

  • 0
  • 0
DJI OFFICIAL SITE

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ