中国発:ワンコの鼻をPM2.5から護る「犬マスク」、ダイソン賞の審査を通過

  • author 岡本玄介
中国発:ワンコの鼻をPM2.5から護る「犬マスク」、ダイソン賞の審査を通過
Image: THE JAMES DYSON AWARD

愛犬にも綺麗な空気を!

世界中から老若男女の発明家が自慢の作品を応募し、サイクロン掃除機のダイソンが審査する「THE JAMES DYSON AWARD」。ホントにさまざまな発明品が出ているのですが、ちょっとユニークなのがこちらの中国ならではの一品。しかも審査通過を果たした優秀作なのです。

それは大気汚染が超深刻化し、PM2.5が充満する街中で犬を散歩させるための犬用「ドッグ・マスク」

「先天性疾患や犬の散歩に適したマスクを」ということで、愛犬が呼吸器疾患を起こさないようにと考えたのです。作ったのは大葉大學の育碩 張さんと、雨築 林さん。

紹介ページによりますと、実は犬には鼻毛がないそうで、嗅覚が人間の1000倍ともいわれる犬はその鼻が命。でも大気汚染の中では、敏感なその鼻が命取りになってしまうのです。

サイズに合わせて

犬にはザックリと大型犬、中型犬、小型犬と3種のサイズがありますが、彼らの肺活量もそのサイズに応じてそれぞれです。なのでこの「ドッグ・マスク」も、3種サイズに合わせてフィルターを調節しています。

181015_dogmask2
Image: THE JAMES DYSON AWARD

小型犬は大型犬より20キロ少ない呼吸量なのでそれに合わせており、中型犬も呼吸量が少ないため、マスクの前部のみでの呼吸をさせるように。そして大型犬は両サイドにもフィルターを開け、大容量の呼吸ができるよう工夫されています。

今後の展望

これまでテストを繰り返し、なるべく犬にフィットする形に改善を繰り返してきたとのこと。付け始めはマスクを嫌がるかもしれませんが、個人レベルでは改善できない大気汚染なので、飼い主の愛情でなんとか慣れさせていただきたいものです。

フィルターは交換式ですが、布カバーは洗って再利用できるようになっています。「ゴミを増やしたんじゃ環境汚染は減らない」、ということも考慮されているそうです。

開発者のふたりは、これから興味のあるメーカーと協力していきたいと思っているとのこと。中国のワンコのため、ぜひとも市販化して欲しいですね。

Source: THE JAMES DYSON AWARD

    あわせて読みたい

    powered by