このままだとビールの価格は跳ね上がるかもしれない

  • 6,105

  • author Yessenia Funes - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
このままだとビールの価格は跳ね上がるかもしれない
Photo: Getty

ビール不足な世界という新型ディストア。

気候変動は、この世の尊いものすべてを私たちから奪うつもりのようです。チョコレート(絶滅するわけではなさそうですが)、ワインの未来、さらには大事なタバスコソースが失われる可能性についての懸念が存在します。

先日Nature Plantsに発表された研究は、さらに追い打ちをかけるような内容でした。つまり、次になくなるのはビールだと言うのです。そう、ビール。金曜の夜の親友であり、旅行でビール醸造所巡りをする動機であり、10月が好きな理由であるビールです。

熱波と干ばつで原料の大麦が獲れなくなる

この研究は熱波と干ばつによって、ビールの主原料である大麦の将来的な収穫高が2099年までに全世界的に3〜17%減少すると予想しています。その結果、住む地域によっては、ビールの価格がその間に52%〜600%以上にまで急上昇するかもしれません。つまり、現在4ドルのビールが6ドル、あるいは本当にディストピアンな世界となれば24ドルもするようになるというわけです。

中国、メキシコ、イギリス、そしてアメリカのカリフォルニア州から集まった研究の著者らは、気候変動による緩やかな気温上昇の影響を考慮していませんが、共著者のSteven Davis氏は「大麦農家たちは存続できている」と「思い切って」想定しています。そしてチームは2010年から2099年にかけての、いわゆる100年に一度級よりもひどい世界的な熱波と干ばつに注目するため、1981年から2010年までの歴史的なデータを使ったのです。

カリフォルニア大学アーバイン校の准教授であるDavis氏は「気候温暖化が進むほど、こういった厳しい年の頻度は増す」と教えてくれました。

彼らのチームは、人類が2℃の上昇を回避するものと、それを通り越して酷暑に支配される未来といういつもどおりの最悪のシナリオを含む4つの異なる気候モデルを考察したのちにこう結論づけました。大麦はアイルランド、ブラジルそしてロシアといった同作物を生産する世界中の34の地域で損害を受けたのです。温暖化が進んだモデルになるにつれ、状況は悪化します。

これらの影響の受け方は国ごとに異なります。ビールをたくさん生産するベルギーと日本のような国は、大麦の輸入に悪戦苦闘することになるでしょう。そしてビールは誰もが購入できるわけではない贅沢品となるのです。たとえばアルゼンチンは、より大げさなシナリオでは消費量が32%も減るかもしれません。

ビールの消費が減れば健康になるかもしれないじゃない

ビール好きにとっては死活問題ですが、取り乱すには早すぎます。何といってもここで話題にしているのはビール、嗜好品ですからね。ビールがないからといって、のどの渇きで飢えたり死んだりするわけじゃありません。この研究はビールの消費量を控えると健康に良い効果があるかもしれないとも記しています。そうは言っても人々はビールが大好きですし、パーティーなんかでは重要な役割を果たすもの。だからこそ、Davisと同僚たちはこのリサーチの試みをそもそも追求しようと思ったのです。

作物の生産地が変わるという可能性も

この研究が現在、大麦が生産されている地域を調べたこともまた注目すべき点です。気候変動により作物がもっとよく育つ場所は変わるかもしれないので、これは重要なことなんです。米国中西部の一部では大麦の生産量を減らし始めている一方、もしかするとそこより北部の地域に期待できるかもしれません。そして著者のモデルにおいては、ところによって大麦の産出量が将来的に多くなる地域もあります。

「厳しいときでも、世界のどこかでは正常あるいは平均以上の大麦の生産があるので、全地域や常にずっとというわけではない」とDavis氏は言います。

研究の行く末をビールを飲みつつ見守りましょう

しかし悪いニュースもあります。この研究は熱波以外に大麦を傷つけ得るもの、害虫や他の自然災害(洪水など)に目を向けていません。そのため、こういったモデルの推測とは異なる展開になるかもしれないのです。

ビールの未来は未だにたくさんの疑問符に囲まれています。科学者たちがそれらを解決するまで、とりあえずはキンキンに冷えたビールを味わっておくとしましょう。

Source: Nature Plants

あわせて読みたい

powered by