工場めっちゃキレイそう。Dysonの電気自動車は2021年からシンガポールにて生産

工場めっちゃキレイそう。Dysonの電気自動車は2021年からシンガポールにて生産
Image: Dyson via Gizmodo US

ルンバが走り回ってるのかな。

Dyson(ダイソン)といえばハイエンドな掃除機で有名ですが、将来的には自動車に期待を寄せているようです。2017年9月にEV産業業界への参入を計画していると明かしていましたが、つい先日、その計画を実現すべくシンガポールに電気自動車を生産する新工場を建設することを発表しました。工場は2021年にオープン予定です。

重要なプロジェクト

ジム・ローウェンCEOはつい先日、この計画を会社の成長を促す「高度な自動車生産工場」だとして従業員に伝えました。

「Dysonはテクノロジーの開発、展開、そして実現において本当にグローバルです。この決断はイギリスとシンガポール、双方にいる特別チームにとってよい知らせ。Dysonにとって目まぐるしく刺激的で、重要なプロジェクトになります」と語ったとのこと。

全個体電池を採用した電気自動車

この計画にはおよそ20億ポンド(約2919億円)が投じられる予定で、そのほとんどがシンガポールで使われることになります。しかし2億ポンド(約292億円)がイギリスの実験施設と他の研究に使われるとも主張しています。

Dysonは3年前にアメリカの全固体電池企業Sakti3を買収していますが、これまでのところその投資額は計上されています。このスタートアップはミシガン大学で立ち上げられ、Tesla(テスラ)のパナソニック製電池の倍近いエネルギー密度を提供する新たな電池を開発したと言われていました。Dysonは“スイッチド・リラクタンス・モーター”で掃除機を作った際に学んだことを活かして、それを電気自動車に応用するつもりです。

イギリス本社からは不満の声

しかし、イギリスに本社があって英国内に約4800人の従業員を抱えるDysonが新工場にシンガポールを選んだことは、既に議論を呼んでいます。ローウェンCEOは英国の社員に対し、工場の立地をシンガポールにした理由を以下のように述べています。

「どこで自動車を製造するかという判断はサプライチェーン、市場へのアクセスそして我々の望みの実現に役立つ専門知識を利用できることに基づく複雑なものです」と同氏はコメント。「Dysonの役員会は、我が社初の自動車生産工場の建設地をシンガポールにすると決断したことをお知らせできて喜んでいます。12月に建設を開始して、プロジェクトに間に合うように2020年には完成します」とのこと。

ちなみにDysonは既にシンガポールには1100人ほど、マレーシア、中国そしてフィリピンに数百人の従業員を抱えています 。

いろいろスケールアップ

ローウェンCEOは「シンガポールは我々の未来にとっての中心地であり、チームは倍以上に増やす予定」とも語っていますが、そういえばイギリスにテストコースを作る計画はどうなったのでしょう…?

思えばルンバってちっちゃい電気自動車みたいなものですよね(やたらゴミを集める)。

Source: Electrive

    あわせて読みたい

    powered by