Facebookは突然に。「繋がり」に特化したスマートディスプレイを発表

  • 8,299

  • author そうこ
Facebookは突然に。「繋がり」に特化したスマートディスプレイを発表
Image: Facebook via Gizmodo US

噂のスマディスが正式に。

日本の10月8日の夜、Facebookがスマートディスプレイ「Portal」「Portal+」を発表しました。去年から何度か噂されていた、あのデバイスです。そしてその正体は、離れて暮らす人とより繋がるためのコミュニケーションを目的とした、テレビ通話にフォーカスしたタブレット型端末でした。

181009portal
Image: Facebook Newsroom

Portalのディスプレイは10インチ(1,280×800)、Portal+は15インチ(1,920×1,080)。テレビ通話を、いかに通話ではなく「そこにいるか」のように感じさせるかをテーマにしたPortalシリーズ。同じ空間を共有している空気を作り出すのは、人工知能の役割です。

搭載されたスマートカメラが、会話に参加している人たちを常にフレームに収めるため(走りまわる子ども含め)、自動でズームIN/OUTやパン撮影をしてくれます。音声も周りのノイズを抑え、話している人の声によりフォーカス。ハンズフリーで自分の動きも声も追ってくれるとは、まさに自分専属の人工知能撮影チーム

PortalシリーズはAmazonのAlexaに対応。通話のスタート、スポーツの結果や天気予報などのあれこれを、声で操作できます。Spotify PremiumやFood Networkなどと連携し、同じ曲・動画を見る体験も可能。同じ空間にいる気分、高まります(Facebook Watchの共有も可能、今後連携先拡大予定)。

181009_facebook_portal_and_portal_plus_2-1
Image: Facebook via Gizmodo US

タイミングが悪いとはいえ、アカウント大量リークしたばかりのFacebookからのスマート端末となれば、世間が不安の目を向けるのは当然のこと。プレスリリースでは、プライバシーとセキュリティーに関してもしっかり触れられています。

まず、1タップでカメラ・マイクを完全オフにできる設定になっていること。また、付属品として物理的にカメラカバーがついてくるので、心配ならばレンズにカバーを被せたらいいということ(つまり、音声だけ使う)。またPortal端末での動画通話は暗号化されており、Facebookは内容を視聴しないこと。スマートカメラ&スマートサウンドのAIテクノロジーは、Facebookサーバーではなく、端末ローカルで動くこと。カメラの顔認識による個人特定をしないこと。「Hey Portal」という発動ワード前は、音声をFacebookサーバに一切送らないことなどが明記されています。

181009portal01
Image: Facebook Newsroom

今のところ、展開はアメリカ国内のみ。発表と同時に予約受付がスタートしており、発送は11月を予定。Portalが199ドル(約2万3000円)Portal+は349ドル(約4万円)。ただ、2台同時購入することで100ドル割引が受けられます。

Source: Facebook Newsroom

あわせて読みたい

powered by