しないって言ったのに...!Facebookのスマスピ「Portal」は、ユーザーを監視可能と判明

  • 6,590

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
しないって言ったのに...!Facebookのスマスピ「Portal」は、ユーザーを監視可能と判明
Image: Facebook / Gizmodo US

これ家の中に置いて大丈夫?

このところ個人情報などのデータ流出スキャンダルが止まらないFacebook。ボクらはトンでもないプライバシーをFacebookにさらし、それが世間一般に公開されてしまう危険性と隣り合わせなのかもしれません。そして、そんなFacebookから、カメラ付きでビデオチャットもできる、いわゆるスマートスピーカーの「Portal」が発表されました。えっ、でも、カメラで部屋の中を常に覗き続けて、もっとプライベートな日常が流出してしまうことにつながったりしないのでしょうか?

Facebookの複数の重役たちは「勝手にPortalがデータ収集を進めて、ユーザーをターゲットにした広告配信に利用することなどない」とRecodeに語ったとされています。しかしながら、実態は少し違っているらしいことが明らかになり、物議を醸しているようですよ~。

Portalの音声通話機能は、Facebook Messengerインフラストラクチャがベースとなっている。つまり、もしPortalでビデオ通話をすると、通話時間や頻度など、Facebook Messengerを利用するデバイスで普通に収集されているデータが、同じように収集される。こうして収集されたデータは、Facebookのプラットフォーム全体で、ユーザーが目にする広告に活用される可能性がある。ほかにもアプリの総合的な利用状況など、一般的な利用データが収集されており、やはり広告目的で活用される可能性はあるだろう。

先にRecodeが伝えていた内容とは、まったく異なる正確な情報が、このほど新たにFacebookの広報担当者から出されたようです! えっ、つまり、家に置いてカメラ機能を駆使したPortalの使用を進めると、その利用状況が逐一、Facebookへと送信されていってしまっているということですよね? もしかしたら、どんな服装で、どのようなインテリアの部屋で話しているのかということまで…。

最初の報道とは矛盾する事実がこうして後ほど明かされた経緯について、Portal担当の製品副社長となるRafa Camargo氏は、「収集したデータを広告目的に利用することはないという意味合いで先の発言がなされたが、潜在的には広告目的に利用することは可能である」と説明。Portalを通じて、さまざまなユーザーの利用データが収集されてしまうのは事実であると語っていますね。

スマスピによるユーザーデータの収集および広告利用をめぐっては、すでにAmazonが、スマートスピーカーの「Echo」に備わるカメラで、ユーザーの服装を分析し、おすすめの服の広告を見せるなどなど、大胆な活用スタイルを進めています。一方のGoogleは、あえてカメラつきのスマートスピーカーとは距離を置くような姿勢を示してきました。便利でかしこいスマスピは話題にもなっていますけど、いつも見られていて、いわばその監視データがメーカーに送られてしまっている危険性を否定できないというのが、悲しい現実ですよね。

Source: Recode

あわせて読みたい

powered by