さらば、身分証明書。手のひらと顔とスマホだけで本人認証する技術が登場

  • author 三浦一紀
さらば、身分証明書。手のひらと顔とスマホだけで本人認証する技術が登場
Image: esemelwe/E+/ゲッティイメージズ

手ぶらで決済がもうすぐかも。

日立製作所とKDDI総合研究所は、スマホやタブレットなどの汎用カメラで撮影した掌紋から本人確認を行なう、掌紋向け生体認証技術を開発したと発表しました。

掌紋とは、手のひらにある皮ふの模様のこと。これを撮影した画像から生体情報を取得し、電子署名に必要な秘密鍵を一時的に生成して利用することで、別途パスワードなどを用意することなく本人認証をすることができます。

181016hitachikddi-01
Image: KDDI総合研究所

この認証方式は、スマホやタブレットのカメラで認証できるのがポイント。つまり、専用機器が不要。カメラが使えるタブレットがあれば、すぐに店頭で身分証明できるようになるのです。

また、店頭だけでなくネット通販などのオンライン決済にも利用可能です。自宅にあるスマホやタブレットを使えばいいわけです。

181016hitachikddi-02
Image: KDDI総合研究所

利用者は、顔写真と手のひら写真を撮影するだけ。この2つの認証を組み合わせることで、その場で秘密鍵を生成します。これが実用化されると、ネット通販やネットバンキングはもちろん、店頭での身分証明も簡単になることでしょう。

この技術には、掌紋画像の位置ずれ補正処理揺らぎ低減処理、顔検索と掌紋向けPBI技術を組み合わせたマルチモーダル認証処理生体検知処理などさまざまな技術がてんこ盛りになっています。特に生体検知処理は、動画や写真によるなりすましをディープラーニングの技術で防ぐことができる重要な技術。

使用する側は顔写真と手のひら写真を撮影するだけですが、その裏では複雑な処理が短時間の間に走っているんです。すごいですよね。

この技術は、本日まで開催されているCEATEC JAPAN 2018のKDDIブースで展示されているので、ご興味のある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Source: KDDI総合研究所

    あわせて読みたい

    powered by