Google+は2019年8月でサービス終了。他社アプリから情報にアクセスする機能に問題があったみたい

  • 5,051

Google+は2019年8月でサービス終了。他社アプリから情報にアクセスする機能に問題があったみたい

分かりにくいから私も使ってなかった。

Googleのソーシャルネットワーク「Google+」が2019年8月をもってサービス終了することを発表しました。

ユーザーの90%のセッションが5秒以下という爆死レベルの不人気さに加え、今年初めに始まった「Project Strobe」という、サードーパーティ製アプリのGoogleアカウント個人情報へのアクセスを抜本的に見直すプロジェクトで、セキュリティ面に脆弱性が見つかったことが主な理由だそうです。

Google+はユーザーのプロフィールなどにサードパーティーのアプリケーションからアクセスできる窓口機能(API)を用意していました。しかしこのAPIには2015年からバグがあり、たとえユーザーが情報を非公開にする設定にしてあったとしても情報が取り出せる状態になっていたといいます。

問題のあるAPIを使っていたのは最大438種類のアプリケーションで、情報漏洩の影響を受ける可能性があったのは最大で50万人だそうです。GoogleはAPIが悪用された、もしくは流出した情報が利用されたかの証拠は見つからなかったと言っていますが、API利用ログを2週間しか保存していないため、実際のところ、どうだったのかは定かでありません。

バグは発見された2018年3月の時点で修正されたそうですが、正直な感想として、今になるまでその存在を黙っていたというのは印象悪いなと思いました。まぁ、Facebookが世間から随分叩かれていたのを見ればタイミングを見計らうのは分かります。いくら漏洩の対象データは、名前メールアドレス職業性別年齢などでGoogleアカウントデータは無事と言われても、漏洩は大きな問題ですから批判は免れないでしょうし。

ちなみに、Google+は法人顧客向けにエンタープライズ版がありますが、そちらは法人向け新機能を提供しながら今後も継続するそうです。

あわせて読みたい

powered by