iPhone XRでグッバイ、3D Touch。でも新「Haptic Touch」も悪くないよ

  • 16,386

  • author 三浦一紀
iPhone XRでグッバイ、3D Touch。でも新「Haptic Touch」も悪くないよ
Photo: 三浦一紀

3D Touch ー 押し込み=Haptic Touch。

iPhone XRは、iPhone XSなどに搭載されている3D Touchは非搭載。その代わりに「Haptic Touch(ハプティックタッチ)」という技術が搭載されています。

IMG_2836
Photo: ギズモード・ジャパン

そもそも3D Touchは、iPhone 6sから搭載されていた技術。ディスプレイを押し込む力の強さに反応して、単なる長押しとは違うアクションができるのです。たとえば、ホーム画面でアイコンを強く押し込むとサブメニューが表示されるのが3D Touchです。このとき、「ブルッ」という感触があるので、実際はボタンを押しているわけではないのに、ボタンを押したかのような感覚になるのが特徴です。

一方、Haptic Touchは、3D Touchにあった「押し込む」という概念がありません。ただし、3D Touchでも得られる「ブルッ」という感触は得られます。この感触は、iPhone XSでもiPhone XRでもまったく同じ。

181023_haptic_touch_1
Photo: ギズモード・ジャパン
右がXR。押し込んでも、ただ長押しとして反応する

アイコンを長押しすると、移動可能状態(小雨が降るなか、街角に捨てられた子犬のように、アイコンに×印が付いてプルプルと震えている状態)になりますが、いくら強く押し込んでもサブメニューは表示されません

しかし、ほとんどの操作の場合「押し込む」と「長押し」を意識的に使い分けることはあまりないため(サブメニューを出すか、移動可能状態にするときくらいじゃない?)、両者の違いに気づかないかもしれません。

181023_haptic_touch_3
Photo: ギズモード・ジャパン

3D TouchとHaptic Touchの変化で一番違いを感じるのは、キーボードを押し込んでカーソル移動状態にするとき。iPhone XS以前では、キーボード上のどこかを押し込むことでカーソル移動状態になりました。しかし、iPhone XRではこの操作ではカーソル移動状態になりません。

181023_haptic_touch_2
Photo: ギズモード・ジャパン

iPhone XRでは、フリックキーボードの場合は「空白」キーを、QWERTYキーの場合は「Space」キーを長押しすることで、カーソル移動状態にすることができます。

iPhone XRで3D Touchが非搭載になったのですが、正直なところ別に3D Touchがなくてもそれほど困らないかなと思います。アイコンを長押しすると出てくるサブメニュー、1回も使ったことないですし

おそらく、今後は3D Touchはなくなり、Haptic Touchが主流になるのでしょう。グッバイ、サブメニュー。

Source: Apple

    あわせて読みたい

    powered by