日本で生まれた蛇のようにハシゴを登るロボットが本物より恐いけどすごい

  • 11,065

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 傭兵ペンギン
日本で生まれた蛇のようにハシゴを登るロボットが本物より恐いけどすごい
Image: IEEE Spectrum/YouTube

京都大学と電気通信大学の共同研究によって開発されたヘビ型ロボットがハシゴを登る動画が公開され、その絶妙に気持ちの悪い動きが話題となりました。

Video: IEEE Spectrum/YouTube

本物がニョロニョロしてる姿よりもさらに絶妙な不気味さがあって、これはムリという人も少なくなさそうな感じ。この動画を紹介した米GizmodoのAndrew Liszewskiは「(自分のヘビ嫌いが)ロボットにまで広がった」と語っています。

研究を行う京都大学の松野研究室のページによればこのヘビ型ロボットは災害現場やプラント設備といった複雑な環境で使うことを考えているのだとか。たしかに狭くて安定しないような場所であれば、こういった細くて様々な場所に入り込めるデザインは有利かも。

また、ロボットアームのように使う研究もされていて、複数のヘビ型ロボットが協力してモノを持ち上げるなんてことも検討されている様子。

二足歩行はカッコいいですがバランスを取るのがどうしても難しく最近進化してきているとはいえ、やはり過酷な環境ではこういうロボットが活躍しやすそうな気がしますね。また、構造自体も二足歩行に比べたらかなりシンプルそうなので、ヘビ型はコストの面でも優れていそうですよね。

もしかすると近い将来、二足歩行型よりもこういったヘビ型ロボットを街で見かけることが多くなるのかも。そういった未来に備えてニョロニョロ動くロボットへの恐怖は克服しておいたほうがいいかもしれません。というわけでもう一本、ハシゴを登る動画を貼っておきます。

Video: matsunolab/YouTube

Source: YouTube via GizmodoYouTubeMatsuno LabIEEE Spectrum

    あわせて読みたい

    powered by