いざというときに絶対役立つ、水と塩で発電できる「マグネ充電器」#CEATEC2018

  • 5,476

  • author 三浦一紀
いざというときに絶対役立つ、水と塩で発電できる「マグネ充電器」#CEATEC2018
Photo: 三浦一紀

防災グッズに入れておきたい。

STAYERホールディングスのブースで展示されている「マグネ充電器」。LED懐中電灯ランタンUSB充電器なんですが、これ、なんと水と塩で発電できるんです。

181018CEATECWATERSULT-03
Photo: ギズモード編集部

パッケージには本体のほかにマグネシウム棒が3本、15gの塩のパッケージが6本同梱されています。マグネシウム棒1本につき、塩を2本使用。マグネシウム棒1本で約10,000mAhの発電ができます。

181018CEATECWATERSULT-04
Photo: ギズモード編集部

本体のふたを開けると内部が左右に分かれています。この両側に塩を入れ、水を注いでマグネシウム棒を入れます。そしてふたをすれば発電開始です。3本あるので、30,000mAhの発電が可能。

181018CEATECWATERSULT-02
Photo: ギズモード編集部

懐中電灯またはランタンとして使用する場合は、マグネシウム棒1本で約24時間連続使用ができます。

181018CEATECWATERSULT-05
Photo: ギズモード編集部

使用したマグネシウム棒はこのように溶けてしまいます。おつかれ、マグネ

181018CEATECWATERSULT-06
Photo: ギズモード編集部

塩は付属のものだけじゃなく、ご家庭の塩も使用可能。そのときの計量のために本体のフタに計量機能を搭載。なかなか行き届いています。ちなみに海水でも発電できるそうですが、発電効率は下がるようです。

こちら、お値段は本体+マグネシウム棒3本+塩のセットで9,800円、マグネシウム棒2本+塩のセットは1,980円です。防災グッズに加えてみては?

Source: CEATEC JAPAN 2018

    あわせて読みたい

    powered by