なるほど。動かん! 腕を固定するアシストスーツ「STRONG HOLD」 #CEATEC2018

  • author 三浦一紀
なるほど。動かん! 腕を固定するアシストスーツ「STRONG HOLD」 #CEATEC2018
Photo: 三浦一紀

お医者さんの腕プルプルを解消。

ベルトコンベアやマスキング装置といった専用機の開発・製造を行っている株式会社シマノのブースに、大リーグボール養成ギブスのようなものを発見。その名も「STRONG HOLD」です。

主な用途は、腕の固定のアシスト。たとえば、お医者さんが長時間の手術の際に、肘の位置を固定することで、手のブレや疲れを軽減するといった使いかたがされています。大リーグボール養成ギブスとちょっと違いましたね。

181018Shimada-02
Photo: 三浦一紀
181018-ceatec-suit
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

Bluetoothのフットスイッチを踏むと固定。もう一度踏むと解除。医療現場のほかにも、工場の生産ラインで作業者がつけていたり、荷物を運ぶ際の補助具としても使われているそうです。パワードスーツに加えて「動かない」をサポートするのは新しいですね。

181018Shimada-03
Photo: 三浦一紀

腰の部分にはバッテリーを搭載。重量は約6kgとのこと。

長時間、細かい作業をするお医者さんのような職業では、このような機器は需要が高そうです。

Source: CEATEC JAPAN 2018

    あわせて読みたい

    powered by