トランプ大統領、私物iPhoneの盗聴疑惑を全力否定

  • author 塚本直樹
トランプ大統領、私物iPhoneの盗聴疑惑を全力否定
Image: JStone / Shutterstock.com

いつものトランプ節が炸裂。

国家を統べるエクゼクティブなら、セキュリティに気を使うのは当然。とくにそれがアメリカ合衆国大統領なら…と思いたいのですが、海外報道によればトランプ大統領のiPhone中国やロシアにより盗聴されているとの疑惑が浮上しました。

ニューヨーク・タイムズの報道によれば、トランプ大統領は現在3台のiPhoneを所有。このうち2台は政府によってセキュリティが守られており安全なのですが、加えてプライベート用のiPhoneを1台所有しているというのです。

そしてロシアや中国はこのプライベート用iPhoneでの通話を盗聴。盗聴されている内容としては、海外とのやり取りも含まれているとのこと。もし本当だとしたら、一大事ですね。

トランプ大統領らしいニュースだなと思いつつ続報を待っていると、なんと彼は公式ツイートにて報道に反論。「NY Timesの報道は実につまらなく、しかも間違っている。私は政府が提供する電話しか利用せず、さらに政府提供の携帯電話をたまに使うくらいだ」とのこと。フェイクニュース!という彼の雄叫びが聞こえてきそうです。

トランプ大統領は大統領就任前まではAndroidスマートフォンを利用していましたが、大統領になると共にiPhoneを支給され、(しぶしぶ)これを使っているとされています。もし彼がプライベートのiPhoneを利用していたとすれば大問題ですが、流石にそれはない…ですよね?

Source: Twitter, NY Times via 9to5Mac