【ついに今夜!】Apple Special Eventで出そうな7つのプロダクト(ただし1つは超希望的観測)

  • 61,950

  • author 小暮ひさのり
【ついに今夜!】Apple Special Eventで出そうな7つのプロダクト(ただし1つは超希望的観測)
Image: Apple

新しいiPadが出る!

なんて噂も予想もモリモリ立っていますけど、当日のその瞬間まで何がくるのか謎なのがAppleイベントの常。毎回、定番となってはいますけど、これまでの噂や情報などから、10月30日23時(日本時間)から始まるApple Special Eventで発表されそうなものをまとめてみましょう。

ディスプレイ、ガワ、入力系、全部アプデの「iPad Pro」

181008_ipad_pro_2018_all_rumors_0k
Image: Ben Geskin
レンダリング画像

今回の目玉と予想されるのが、iPad Proのアップデート。

噂をまとめると、ついにホームボタンがなくなり、ベゼルレスディスプレイ、されどノッチなし(ベゼルにぴったりFace ID用のカメラが収まる)といったデザインになると言われています。また認証は、Touch IDからFace IDへ。iPhone 7からiPhone Xになったようなイメージを思い浮かべると良きでしょう。

すでにiPadでiOS 12を利用していると、「そうなる未来」がインターフェース(下の記事)から伝わってきますし、これは可能性が高い話です。

iOS 12で、iPadが流れるように動く。iPhone Xと同じジェスチャーコントロール搭載

この新ジェスチャーが意味するのは。iOS 12、予定どおり9月18日にリリースされました。iOSはすぐにアップデートする派な僕はさっそくiPhon...

https://www.gizmodo.jp/2018/09/ios-12-ipad-gesture.html


181008_ipad_pro_2018_all_rumors_6k
Image: SLASHLEAKS
CAD画像

Mac Rumorsによると、新型モデルも現行と同じ大小の2サイズ展開(10.5と12.9インチ)になる見込みですが、それぞれ筐体デザインも大きく変わりそうです。

Macお宝鑑定団Blogは、表だけでなく、裏側にもダイヤモンドカットを施した姿になるかも?と述べています。ダイヤモンドカットとは、簡単にいうとiPhone SE(5/5s)のような面取り加工のこと。SLASHLEAKSでリークされた、上のiPad Proと思われる3D CADデータもそれに即したデザインになっています。

ふむ、よくみると確かにダイヤモンドカットで、ちょっぴりカクばったデザインですね。iPhone SE(5/5s)をすっごく大きくした感じですけど、サイズ的には対局にある存在なので、いまいちイメージし辛いね。

181008_ipad_pro_2018_all_rumors_12k
Image: Apple

もうひとつ、入力系のリニューアルが予想されています。

まずはUSB-Cへの対応です。やったね! さよならLightning! 確かにApple機器であふれかえる現状を考えればiPhoneもiPadもAirPodsもマウスも、Lightning1本で充電できる便利さはあるけど、iPadは充電スピードが遅い…(データ転送も)。iPadの性質を考えるなら、こうあるべきだよね。

9to5Macが入手した情報によれば、4K HDRディスプレイ出力できるみたいですよ。やだー、もうパソコンじゃないですかそれー。

もう1点の気になる噂が。本体背面に新たな「Magnetic Connector」という接点端子が搭載され、純正キーボード「Smart Keyboard」やサード製周辺機器も一新されるという話。リークされたCAD画像には謎のくぼみがありますけど、この背面にMagnetic Connectorが備わるのかな。

次世代のベゼルレス「iPad Pro」のウワサ・気になること、全部まとめました!

アップデートしすぎて尊い。iPad史なる歴史を辿れば、今年は時代が変わる年ですよ、絶対に。iPad Proについてはずいぶん昔から出る出ると言われ...

https://www.gizmodo.jp/2018/10/ipad-pro-2018-all-rumors.html

こんなふうにiPadに関しては、本当にリニューアル満載。

あ、そうだ。本当にごめんだけど、イヤホンジャックは…ごめん僕の口からはこれ以上言えない

ということはApple Pencilも新型?

20181009nipadprok
Photo: ギズモード・ジャパン
ダンボールモック

2015年の発売からアップデートがなかったApple Pencilですけど、今回はiPad ProがUSB-Cになるのに合わせて、こちらも充電端子がUSB-Cになるかもしれません。また、AirPodsやApple Watchに搭載されているWシリーズチップを搭載して、PencilをiPadに近づけるだけでペアリングできるかも?といった噂も。

個人的にはiPadの上に転がしておけば、勝手に充電されていると最高なんですけど…それは未来すぎか。

新「MacBook 13インチ」これをAir 13インチの生まれ変わりと見るか

181024_what_is_expected_in_apple_special_event_2
Image: Apple

この噂、結構前からありましたけど、発表するとしたらこのタイミングだと思うんです。

台湾紙のDigiTimesでは、新サイズ13インチのMacBookは、第7世代のKaby Lakeプロセッサ(経済日報は、第8世代のKaby Lake Refreshと言っている)で、販売価格は1,200ドル(約13万円)になると報じています。

現行の12インチMacBookが1,299ドル(日本価格:14万2800円)なので、ちょっぴりお安いですね。

もうMacBook Airって、解像度もCPUも時代にそぐうものではありません。かといってビジネスラインのMacBook Airシリーズがなくなるというのも問題。どちらにしても、このシリーズには何かしらの変更があると見ていいと思います

181024_what_is_expected_in_apple_special_event_3
Image: Apple

MacBook Air 13はディスコンになって、新MacBook 13の1台に統合されるのか。それともMacBook Air 13は新MacBook 13と併売されるのか。不明なところです。というのは、MacBook Air 13インチにもアップデートのウワサがあるので、新MacBookと新MacBook Airが肩を並べる可能性もなきにしもあらず。

ただ、新MacBook 13とMacBook Air 13は、同じディスプレイサイズ・同じようなサイズ感なので、もしかするとリークを報じる人によって、MacBook 13のことをMacBook Airと記載しているだけの可能性もあります。ソレをMacBook Airの後継機とも言えるし、MacBookの新型とも言える、言い方次第なウワサが散乱している状態なのです。

つまりどういうことか。新MacBook 13が事実上、MacBook Air 13の後継機となる可能性があります。MacBook Air 13を買っていた人は新MacBookを買いましょうと。

音沙汰なかった「Mac mini」に一筋の光明が差す!

181024_what_is_expected_in_apple_special_event
Image: Apple

ちょっぴり期待していてもいいかもしれません。Bloombergでは新型MacBookとともに、プロ向けのMac miniのリリース計画を報じています。

オプション選択できるプロセッサとストレージがプロ仕様に強化されているとのことで、miniだけどハイスペックというふしぎジャンルだけど、MacBook Pro 13インチみたいに、重い処理はeGPUで!っていう選択肢が今なら取れるし、わりとアリなんじゃないかなって思うんです。こっちのminiはいいなぁ。

「iMac」は微アップデートがあるかもしれません

181024_what_is_expected_in_apple_special_event_4
Image: Apple

iMacは今のところ目立った噂がなく、Appleの情報で有名なアナリスト、ミンチー・クオ氏の予測がある程度。ですが、ディスプレイ性能のアップデートや、プロセッサのアップデートなどが期待されています。現行のiMacのCPUは第7世代のIntel Coreプロセッサなので、これが第8世代へ変わったら嬉しいなぁ。くらいの期待感でいましょう。

「Mac Pro」はリニューアル予定があるも、今回はチラっと?

181024_what_is_expected_in_apple_special_event_5
Image: CURVED.de
コンセプト画像

Pro向けのデスクトップ機である、Mac Pro。iMac Proが登場したので、Proラインはみんなそっちで!となるのかと思いきや、Mac Proも2019年に新型が登場します。

新型Mac Proは2019年発売と判明! 専門の開発チームが動く

ちなみに…おいくらになりますか?以前にも新型モデルの登場が公言されていた、Apple(アップル)のワークステーションMac Pro。そしてTech...

https://www.gizmodo.jp/2018/04/165218.html

Mac Proは珍しく、Apple(の幹部)が公式に「出すよー」と宣言しているのです。デザイン変更されて、モジュラー形式の新型Mac Proが投入されるとのことですが、予定では2019年iMac Proのときと同じく、スニークピーク(チラ見せ)にてその姿が披露されるかも!

僕らと答え合わせしませんか?

現状の噂やリークをまとめると、おおよそこんな感じでしょうか。

iPad Proはかなり全景が見えてきているので、おそらくはこれまでのリークにかなり近い姿で登場するものだと思われます。一方で、MacBookの13インチは、期待感が募るもパーツや外観の情報が一切ないので、どうなるかなぁ?ってところですね。あと、Air Powerとかいう都市伝説はどこに行ったのだ? うん、どうなるか楽しみですね。

この答え合わせは、10月30日のギズモード・ジャパンのリアルタイム更新にてどうぞ。今回は23時スタートなので、翌日の体力をちょっぴり犠牲にすれば、起きてられる…ハズ! 皆さんのガジェット熱、Apple熱をどうぞ僕らにぶつけてください。一緒に盛り上がりましょう!

どうしても差し込みたかった番外編「俺がほしいiPad mini 5」

181022ak0A
Image: Apple

…iPad mini 5、まだですかね?

世界に「奇跡」ってあるのかな…。

Source: Mac Rumors(1, 2), Macお宝鑑定団Blog, SLASHLEAKS, 9to5Mac, DigiTimes, 経済日報, Bloomberg

    あわせて読みたい

    powered by