お財布に翼を授けると使いやすい?形状がユニークなレザーウォレット「Stingray(スティングレイ)」がキャンペーン開始

  • machi-ya
  • author 山村豪尭
お財布に翼を授けると使いやすい?形状がユニークなレザーウォレット「Stingray(スティングレイ)」がキャンペーン開始
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より編集して転載:

最近増えてきた薄くて小さな財布。財布をミニマルにするのは気持ちが良いものの、寒い日は手袋をつけたままだと使いにくい、という弱点があります。 レザーウォレット「Stingray(スティングレイ)」と名付けられたこの財布は、バイク乗りの革職人が「グローブをしたままだと財布が使いにくい!」という課題を解決するために生まれたもの。飛行機の翼を折りたたむような特殊な構造になっており、ポケットを大きく開くことができ、中身が取り出しやすいのが特徴です。

機能を備えた翼が主役

machiya2
Image: machi-ya

折りたたんでいる状態ではシンプルな二つ折りの財布といった印象。

machiya3
Image: machi-ya

しかし開いてみるとウイングレット付きの翼を広げたような形状になり、メイン機能である小銭&カード収納へと変化します。商品名である「Stingray(スティングレイ)=エイ」もこの見た目から来ているようです。

ポケットで小銭もカードも一括収納

machiya4
Image: machi-ya

この大きな翼部分がポケットのマチを作る役割を果たしています。バイク乗りであるクリエイターがグローブをしたままでも使いやすい形状を試行錯誤した末に完成した製品だけあって小銭やカードが取り出しやすそうな印象。またこのポケットの重要なポイントとして真ん中の仕切り板があります。計算され尽くした独自仕様の仕切り板によって取り出しやすさを維持しながらも、小銭とカードがごちゃ混ぜにならないようになっています。

machiya5
Image: machi-ya

お札部分は日本円がしっかり入る深さが確保されており、2枚のカードが入る一般的なカードスロットも備えています。

限定パイソンレザーで金運アップ?

machiya6
Image: machi-ya

カラーバリエーションは6種類。キャメルがメインのトライカラーと本物の蛇革を使ったパイソンはmachi-ya限定となっており、特にパイソンは10個のみの超限定仕様となっています。蛇といえば金運アップの象徴として宝くじ売り場などでも目にする機会が多いので、お金持ちになりたい方は迷わずパイソンを選んでみてはいかがでしょうか。


この比翼開閉式レザーウォレット「Stingray(スティングレイ)」はクラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、23%オフの9,800円(税込・送料別)から、限定10個のパイソン柄は19,800円(税込・送料別)で支援可能となっています。エイジングも楽しめるタンニンなめしの本革を使って革を愛するクリエイターが一つ一つ丁寧にハンドメイドで仕上げる一品なので、レザーアイテムが好きな方もそうでない方も是非一度キャンペーンページで詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>「Stingray(スティングレイ)」の支援はこちらから

Source: machi-ya

あわせて読みたい

powered by