5G対応iPhoneは2020年に登場するかも。チップはIntel製?

  • 5,260

  • author 塚本直樹
5G対応iPhoneは2020年に登場するかも。チップはIntel製?
Image: pio3 / Shutterstock.com

iPhone XISの頃?

10Gbps以上の高速通信が可能となる、次世代通信規格「5G」。日本でも世界でも導入のための準備が進められていますが、もしかしたら5Gに対応したiPhoneのデビューは2020年になるかもしれません。

Fast Companyが"関係者から入手した"とする報告によれば、この5G対応iPhoneはIntel(インテル)製のモデムチップ「8161 5G」を搭載し、2020年に投入されるとのこと。ただし、現在は発熱問題があることからMediaTek(メディアテック)製のチップも「プランB」として検討されているそうなんです。

Appleといえば、すでに5Gに関する接続実験をFCC(連邦通信委員会)に登録しており、なんらかの開発を進めていることは間違いありません。ただし、対応端末の投入時期が2019年になるのか、2020年になるのかは未だにわかっていないのです。

一方他メーカーを見渡すと、すでにXiaomi(シャオミ)などは5Gに対応した「Mi Max 3」を正式発表。5G対応モデルは2019年に投入される予定です。また、2019年には他のAndroidスマートフォンメーカーからも多数の5G対応端末が投入されると予測されています。さらに、世界の携帯キャリア一部では2019年に5Gサービスの提供を開始する予定です。

iPhoneが2020年に5G対応モデルを投入するとすれば、Android端末から一呼吸置いてのタイミングとなることでしょう。しかし、日本では2020年からの5Gサービスの提供が予定されているので、私達にとってはちょうどいいタイミング…になるかもしれませんね。

Source: Fast Company