本物の英国スパイに聞いてみた「スパイ映画の描写は正しいの?」

  • 17,756

  • author 傭兵ペンギン
本物の英国スパイに聞いてみた「スパイ映画の描写は正しいの?」
Image: Gettyimages

さすがスパイ、すべて偽名だそうですよ!

世界一有名と言って過言ではないフィクション上のスパイ「007」が所属するイギリスの秘密情報部「MI6」(と他のイギリスの諜報機関)の職員に、フィクション上のスパイ描写はどれだけ正しいのかというインタビューをイギリスの公共放送BBC Radio 5が敢行し、話題になりました。

今回はそのインタビューの一部を掻い摘んで紹介いたします。

他国の情報を収集するMI6で働くのはジェームズ・ボンドみたいな感じ?

ケイト(MI6で10年勤務):本当にそれはよく聞かれます。すごく魅力的な作品なので私たちも好きですけど、全然違います。実際はアストン・マーチンやモーターボートみたいな面白い乗り物は用意されないので、バスや地下鉄で見かけてることの方が多いと思います。


ジョン(MI6に海外での活動を含め15年勤務):銃を携帯したり、アストン・マーチンを持ったりというのはありませんね。ただ、あの映画は一つだけあってるところがあります。実は私たちのところにもQ(映画に登場するスパイ道具を作る部門のリーダー)がいるんですよ。我々が使うあらゆるガジェットを用意してくれるああいう技術者がいるんです。ただ、私たちの職員の方がボンドのやつより優秀ですけどね。

警察官が銃を携帯しないイギリスでは諜報部員も(普段は)銃を携帯しないというのは納得ですが、一方で本当にQがいるというのはちょっと驚きですね。

自分の職業を人に話せないって本当?

ジョー(国内の治安維持を行う情報機関MI5の採用部門で働く):MI5では基本的に身近にいる家族か友人にだけ伝えるよう言っています。


ジョン:(MI6に応募しようと決めた時)すぐに家族に伝えました。すると父はすぐに上の階に行って、ジョン・ル・カレ(元MI6のスパイ小説家)の小説を全部持ってきて「面接の前にこれを読んどいた方が良いぞ」と言ってきましたね。


ジョー:私は兄弟には長い間伝えないことにしていました。重荷を背負わせたくなかったし、私を守らなきゃと思わせたくもなかったので。でも、今の夫には付き合い始めてから6ヶ月で伝えました。なかなかおもしろい会話になりましたよ。

なかなか大変。ちなみに多くの人は公務員というか、答えをはぐらかすのだとかだとか。

リアルじゃないスパイ作品は嫌い?

ケイト:(注:BBCの大ヒットドラマ『ボディーガード』に関して)面白かったですよ。エンターテイメントとして楽しい作品だから、人気なのでしょう。あまり知られていない組織が描かれるのに興味をそそられるのだと思います。語りきれない程の不正確な描写がありますが、こだわってたら見てられないですね。


アミーシャ(MI5で2年勤務):(注:BBCのMI5とMI6のスパイを描くドラマ『Killing Eve』に関して)面白かったですね。演技が素晴らしいです。でもまぁ、「そんなの嘘よ!」とキレてTVをぶっ壊したくなる場面もありました。

フィクションはフィクションといったところで、本当に正しいのかどうかは気にしてはいけない様子。それはそれとして、日本ではまだ未公開の『Killing Eve』すごく気になりますね。一方『ボディーガード』は日本ではNetflixで配信中。本当に凄い作品で、プロもハマるのもよく分かる。

BBCの記事では他にもスパイになるのは難しいのかどうかとか、職場ではどんなイベントがあるのかだの面白い質問&回答が掲載されているので、是非チェックしてみてください。

Source: BBC

あわせて読みたい

powered by