自律運転車とドローンをいったりきたり。陸と空のハイブリッドタクシーをAudiが開発中

  • author 岡本玄介
自律運転車とドローンをいったりきたり。陸と空のハイブリッドタクシーをAudiが開発中
Image: designboom

自律運転車と、無人航空機のハイブリッドです。

11月26日から30日まで開催された「アムステルダム・ドローン・ウィーク」にて、Audi(アウディ)とAirbus(エアバス)とItaldesign(イタルデザイン)が共同開発している、極めてユニークな空飛ぶ自動車「Pop.Up Next」の……プロトタイプがお目見えしました。

これは自律運転車と、自律運転ドローンが、それぞれ乗車カプセルと合体して運ぶ乗り物。まだ1/4スケール・モデルですが、公共テストではドローンのフライト・モジュールが、4輪のロード・モジュールにカプセルを合体させることに成功しました。

Video: YOUCAR/YouTube

ヘリコプター通勤No.1というサンパウロならかなり需要がありそうです。

しかしカプセルの中に乗った人たちはそのままに、自動的に陸と空の両方を移動させられる姿はちょっとシュールな気がします。こうなるともう、乗客というより荷物扱いって感じですかね。

カプセルは運ばれるだけですが、ロード・モジュールは自動的にフライト・モジュールの真下に駐車し、また フライト・モジュール は、自動的にロード・モジュールの真上に降り立つよう動作します。どちらも完璧にカプセルと合体しなければいけないので、自律運転だけでなく位置合わせの技術力も問われる発明なのです。

自信満々のAudi

designboomによりますと、Audiは「空飛ぶタクシー実現はもうスグだという確信がある」と語っているそうです。特にお年寄りや子供、それに免許証を持たない人たちがこのロボット・タクシーを乗りたがるだろうとコメントしています。

「Pop.Up Next」のプロジェクトは、EUのスマート・シティーとコミュニティーを建設するイノヴェーション・パートナーシップに組み込まれており、欧州の人々に電気自動車などの新技術やインフラ整備などを理解してもらうためにも進められています。

今後の展望

今後はフルスケールの試作車を作り、南米やAudi本社のあるドイツのインゴルシュタットでテストを行います。完成は10年以内を見据えているのだそうです。

あと10年経ったら、ドイツはこんなEVが空飛んでるのが当たり前になっているかもしれませんね。

Source: YouTube via designboom

    あわせて読みたい

    powered by