今買いたい、ベストなワイヤレスヘッドホン:目的別ベスト6

  • 23,947

  • author mayumine
今買いたい、ベストなワイヤレスヘッドホン:目的別ベスト6

もう、認めざるを得ません。ヘッドホンはワイヤレス以外の選択肢はないということを。

iPhoneをはじめとする様々な端末からヘッドホンジャックが消滅しました。だから音楽を聴いたり動画を見たり、周囲の騒音をシャットアウトするために、ワイヤレスのヘッドホンに投資するのはもはや当たり前になりつつあります。

オーディオマニアの人も、長距離ランナーの人も、それぞれセンスやスタイルがある人も、それぞれにぴったりなワイヤレスヘッドホンセットがあるはず。イヤホンタイプ、ヘッドホンタイプ、それらの中間のものを探している方も、ぜひ参考に!

ベストワイヤレスイヤホン(ただし両耳がワイヤーでつながっているもの)

20181125_wiress2
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

誰向けのもの?

片耳を失くしたくない、バッテリー切れを心配をしたくない人にぴったり。また首にイヤホンをぶら下げられるのが便利だと思う人にもいいと思います。

そこで選んだのは:BeatsX(1万1800円)

このネックレススタイルのワイヤレスイヤホンは、両耳がワイヤーで繋がれているという意味で完全なワイヤレスとは言えませんが、非常によく設計されています。インラインマイクのおかげで、すばらしいバッテリー寿命と、より良い通話品質を得ることができ、運動用途にも充分な耐久性とフィット性を兼ね備えています。アップルストアから、1万1800円で購入することができ、アップルと同様手厚いサポートを得ることができますよ。

さらに検討するなら

両耳ワイヤーでつながれたワイヤレスイヤホンを検討しているなら、選択肢は無限にあるといっても過言ではありません。Jaybirdはランナー向けに非常に優れたフィット感を提供するのですが、TARAHモデルは1万3800円で購入できるベストオプションです。JabraのSport coachや、Sport Paceも同じ感じでオススメですよ。

ベストヘッドホン(安価なもの)

20181125_wiress2-1
Image: Jabra / Gizmodo US

誰向けのもの?

音質にこだわっていて、見た目がかっこいいヘッドホンスタイルを好むけど、あまりお金をかけられないから高機能過ぎなくてもいいという人向けです。

そこで選んだのは:Jabra Move Wireless(11,800円)

Jabra Move Wirelessは、チープ・ワイヤレスヘッドホン界のベスト製品。どんなデバイスにもスムーズにつながって、音質もグッド。軽量で装着感も快適で、壊れやすい感覚も一切ありません。

さらに検討するなら

品質がいいもので、予算感が100ドル〜200ドル(約1万1000円〜2万2000円)だとすると、ソニーのExtra Bass Wirelessの150ドル(日本のソニーストアだと2万6880円ですが)のヘッドホンは、ベース音マニアでなくても、堅実な選択肢です。また、 V-Modaの200ドル(約2万2000円)のCrossfade Wirelessは非常に耐久性・信頼性、そして音もすばらしいですよ。また、JBL Everest 700 modelもおすすめです。

ベストノイズキャンセリングヘッドホン

20181125_wiress4
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

誰向けのもの?

飛行機、カフェ、地下鉄、シェアオフィスなど、騒々しい場所で時間を過ごすことが多い人向けでしょうか。

そこで選んだのは:Sony WH-1000XM3 (3万9880円)

長年支持され続けてきた、ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンの第3世代です。この最新モデルは、さらに軽量に、快適になりました。しかしこのすばらしいノイズキャンセリング機能のパフォーマンスを得るには、お金がかかります。ソニーストアでは3万9880円で販売されていますが、快適な静寂と音質を手に入れたいなら、投資するのに値するでしょう。

さらに検討するなら

Bose QuietComfort II(約3万5000円)も多くの人に愛されているノイズキャンセリングヘッドホンのひとつ。また400ドル(約4万4000円の、Bowers&Wilkins PXのノイズキャンセリング機能は最高とはいえませんが、音質はすばらしく、ゴージャスです。もう少し安価なノイズキャンセリングヘッドホンを探しているなら、300ドル(2万9880円)の、JBL Everest Elite 750NCも要チェックです。

(実質本物の)ベストワイヤレスイヤホン

20181125_wiress5
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

誰向けのもの?

この小さいワイヤレスイヤホンの流行の波に乗りたいけれど、頻繁に充電するとか無理な人。また、大きいヘッドホン並に頼りにできるものを求めている人向きです。

そこで選んだのは:Jabra Elite 65t (2万3130円)

5時間のバッテリ寿命、電話をかけるためのまともなマイク、そして耐水性能。さらにハイブリッド ANC (アクティブノイズキャンセリング) で、外部の雑音を低減することができます。さらに、ぴったりフィットすれば、他のワイヤレスイヤホン(すなわちAirPods)の悩みである、耳から落ちてくる問題も心配もありません。

さらに検討するなら

300ドル(約3万3000円)のSennheiser Momentum True Wirelessはこれまでの中でも最高のイヤホンですね。 そして同じく300ドルのMaster&Dynamic MW07イヤホンもすばらしい。そしてもちろん、1万6800円のApple AirPodsも人気のあるオプションです。

スポーツ向け:ベストワイヤレスイヤホン

20181125_wiress6
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

誰向けのもの?

ジムで汗を流すのが好きな人向け。

そこで選んだのは:Jabra Elite Active 65t (2万4880円)

本当に愛されるワイヤレスイヤホンは、スポーツ用途にも向いているイヤホンにもなるかもしれません。Jabra Elite Active 65tは、IP56認定を除けば、Jabra Elite 65t earbudsとほとんど同じです。「Active」がついてるほうは、さらに防塵性と耐汗性があることを意味し、少しだけプライスアップしています。

さらに検討するなら

スポーツ向けに設計されたBluetoothワイヤレスイヤホンは多数ありますが、自分の用途が本当にワイヤレスがいいかどうか検討する必要があります。ダンベルにイヤホンのケーブルがからまる...とか嫌ですよね。いっぽう、走るだけならBeatXのようなワイヤーでつながれている方が耳から落とす心配がなくていいって人もいます。そんな中で、Bose SoundSport Freeイヤフォン(2万5920円)は、高価ですが非常に快適です。ソニーのWF-SP700N(2万2880円)も、バッテリー寿命には課題は残るものの、すばらしいフィット感と音質、そして耐水性を備えていていいですね。

最高級な音質を提供する、ベスト高級ヘッドホン

20181125_wiress7
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

誰向けのもの?

オーディオマニア。ワイヤレスヘッドホンに最高級の音質を求める人向け。

そこで選んだのは:Sennheiser Momentum (約3万3000円〜)

最高の音質を求めていて、より大きなオーバーイヤーヘッドホン、超小型のワイヤレスヘッドホン、どちらを求めていいかわからない場合、Sennheiser Momentumファミリーだけを見てみましょう。400ドル(約4万4000円)のHD1ワイヤレスヘッドホンは、私たちがテストした最高のイヤーマフタイプのヘッドホンです。また新しい300ドル(約3万3000円)のSennheiser Momentum True Wirelessイヤホンは、驚異的なサウンドを発揮。 どちらも高価ですが、最高を求めるならお安くありませんか。

さらに検討するなら

純粋なサウンドをお探しなら、400ドル(約4万4000円)の Bowers and Wilkins P7 models は、ノイズキャンセリングや、その他の派手な機能を持ちませんが、すばらしいサウンドでいい選択肢でしょう。500ドル(約5万5000円)のBeoplay H9iは、特にBang&Olufsenのシグネチャーデザインが好きなら、贅沢に楽しめるでしょう。

あわせて読みたい

powered by