ドラマ『ブレイキング・バッド』が映画化

  • author 中川真知子
ドラマ『ブレイキング・バッド』が映画化
Image: Andrew H. Walker/Getty Images Entertainment/ゲッティ イメージズ

放送されていたときはみんな見ていたよね!

余命宣告された化学教師が家族に財産を残すため、教え子と麻薬製造に手を染めるドラマ『ブレイキング・バッド』。アメリカの人気サスペンスの映画企画が進行しているそうです。主人公のウォルター・ホワイト役を演じたブライアン・クランストンが明かしました。

「『ブライキング・バッド』の映画化が進んでいるようですが、私は脚本を読んでいません」と、アメリカのトークショー『The Dan Patrick Show』で話しました。「脚本を渡されていませんし、読んでもいません。ウォルター・ホワイトが登場するのか、しないのかもしれません」とのこと。

新作『Greenbrier』

事の始まりは、今週Albuquerque Journalが報じたニュースでした。『ブレイキング・バッド』とそのスピンオフドラマ『ベター・コール・ソウル』のロケ地であるニューメキシコ州のアルバカーキで、2時間の映画が11月中旬から撮影されることを伝えたのです。

その作品は『Greenbrier』と名付けられています。『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』同様、ヴィンス・ギリガンが脚本と監督を担当し、内容は「誘拐された男の逃走劇と彼が自由を追い求める姿」を描いたものになるようです。

誘拐された男とは

Entertainmentによると、この誘拐された男というのは『ブレイキング・バッド』でウォルターの相棒ジェシーを演じたアーロン・ポールの可能性が高いとのこと。

主人公を演じたクランストン曰く、ギリガン監督からプロジェクトのことを話されたそうですが、「(ウォルターが)登場するのか、するとしたらどのように登場するのか、フラッシュバックかフラッシュフォワードなのか、さっぱりわからない」状態なのだとか。しかし、フランストンにとって大きな意味を持つ作品なので、たとえそれがスタジオ見学程度の関わりになるとしても非常に楽しみにしているようです。

5年前に放送終了したにも関わらず相変わらず大人気の『ブレイキング・バッド』。弁護士ソウル・グッドマンを主人公にしたスピンオフドラマ『ベター・コール・ソウル』も評価が高いですよね。ウォルターが登場するにしろしないにしろ、とっても楽しみ!

見たことがない人は、Netflixでシーズン5まで全部見ることができますよ。世界が熱狂した伝説的ドラマ、映画版が公開される前に是非観ておくことをオススメします。

Source: EW.com, Albuquerque Journal

あわせて読みたい

powered by