犯罪を予測するAI、イギリス警察がテスト中。あれ、この設定どっかで見た気が…

  • 9,235

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
犯罪を予測するAI、イギリス警察がテスト中。あれ、この設定どっかで見た気が…
Image: Gettyimages

マイノリティ・リポートな世界。

イギリスで、警察が犯罪を未然に防ぐため、あるプロジェクトをテスト中です。どうやって未然に防ぐのかというと…人工知能を使って、大きな事件が起きる前、起きそうだなと予測を立てるのです。加害者だけでなく、被害者になる可能性がある場合(人)も予測します。

犯罪を犯す可能性をスコア化

National Data Analytics Solution (NDAS=国立データ解析ソリューション)と名付けられたシステムは、各地域&全国の警察データベースからデータを収集。プロジェクト担当者いわく、すでに1テラバイトを超えるデータが集まっており、中には過去の犯罪や500万人の特定個人情報が含まれています。これらのデータをもとに、1400種の指標から、犯罪を犯す可能性がある人をフラグ立て。指標は、例えば、ある人物が過去に何回、どういう手を借りて犯罪を犯したか、彼らのネットワークには何人くらいいるのかなど。データベースにすでに登録されている人たちは、アルゴリズムによって、将来的に犯罪を犯す可能性=危険スコアがつけられます。

ウェスト・ミッドランズ警察を筆頭に、9の地域の警察が本プロジェクトのテスト運用を行なっており、テストが終了する来年3月末にはシステムのプロトタイプが完成する予定。もちろん、将来的にはイギリス全土で使いたい考え。

ネタ元のNew Scientistの取材に応じた担当者のDonnelly氏いわく、人工知能によるこのシステムは、犯罪を未然に防ぐのがあくまでも目的であり、フラグがたった危険人物を、事が起きる前に逮捕・取り締まることはないといいます。代わりに、フラグの危険人物にはカウンセリングなどを提供していく予定。

人工知能を使った未来の警察の姿がみえる一方で、専門家は人工知能がデータを収集するデータベース自体に偏見がある可能性も指摘。データベースに集められた犯罪者リストですが、データベース入りするには逮捕されなければなりません。しかし、逮捕されやすい環境・されにくい環境があり、例えば、人種や貧困などから特定の地域に警察が多く派遣されており、結果、そのエリアでの逮捕者が多いということも考えられます。ともすれば、データベースがすでに偏っており、そのデータをもとに予測する人工知能もまた偏ってきてしまうのではと不安になるのもわかりますよね。

Source: New Scientist


あわせて読みたい

powered by