「再生」や「閉じる」ボタンに化ける広告、Chrome 71で浄化されそう

  • 9,581

  • author Rhett Jones - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
「再生」や「閉じる」ボタンに化ける広告、Chrome 71で浄化されそう
Image: Google, Adblock Plus

12月から。

「無料コンテンツを楽しむなら広告くらい我慢しなさい」なんて言われるかもしれませんが、どうにも我慢ならない悪質でうざったいものってありますよね。私もクリックしようとおもったら悪質広告(主にエロサイト広告)が画面上から指の当たりまで降りてきてクリックさせられて飛ばされた、なんて経験を何度もしています。でもそんな嫌〜な体験ともおさらばできそう!

「閉じるボタン」に偽装した広告もカット

201811060947
Image: Chromium Blog

12月にリリース予定の最新版「Google Chrome 71」は、悪質サイトのフィルタリング機能が強化され、嫌な経験をさせる広告をサイトから“すべて”削除するそうです。嫌な経験とは、たとえば、ビデオの「再生」ボタンや、「閉じる」ボタンに偽装し、押したときに広告を表示したり、APKファイル(アプリファイル)のダウンロードを行なうものが挙げられています。

0(1)
Image: Chromium Blog

Chrome 71のリリースに伴い、サイト管理者は自分のサイトに悪質な広告が含まれているかどうか「Google Search Console」を使って確認し、必要であれば問題を修正します。修正のために30日間の猶予が与えられ、何も対応しなければサイトの広告をブロックします。

まだ不十分だった

広告をクリーンに整理する取り組みは今に始まったことではなく、Googleはこの計画を2017年から進めています。ブラウザのミュート動画だったり、ポップアップやリダイレクトを制限する広告ブロック機能がすでにChrome組み込まれています。しかし、これまでの取り組みによって減させた不快な広告行為は、全体の半分以下に過ぎなかった語っています。それでは不十分ということで、今回、さらにフィルタリング機能を強化するというわけ。

12月以降、私たちのネットライフは今よりも快適になりそうです。ちなみに、このフィルタリング機能はユーザーが設定から無効化することもできるので、サイト閲覧に不都合があるときはオフにすればいいですね。まぁ、私はオフにすることはないと思いますが…。

Source: Google

    あわせて読みたい

    powered by