「ロキ」ファンにはたまらない!「Disney+」は来年後半から

  • author 傭兵ペンギン
「ロキ」ファンにはたまらない!「Disney+」は来年後半から
Image: chrisdorney / Shutterstock.com

ロキ人気に拍車がかかる...!

Netflix等でお馴染みの動画配信サービス業界の覇権争いにコンテンツの王たるディズニーが参戦するということはかなり前から明らかになっていましたが、ついにそのサービスの正式名称が『Disney+(ディズニー+)』になることがディズニーの公式サイトで発表となりました。

「+」はプラスと読ませる様子。かなりシンプルなネーミングですが、いいんじゃないですかね、『マクロス』みたいで。

『ローグ・ワンの前日譚』やあの「ロキ」のドラマも

そしてそれと同時に新作ドラマの製作も発表。スター・ウォーズでは、すでに発表されている『ザ・マンダロリアン』に加えて、なんと映画『ローグ・ワン』に登場した反乱軍のスパイ、キャシアン・アンドーを主人公にしたシリーズの製作が決定!

キャシアンを演じるのは映画と同じくディエゴ・ルナ。銀河に希望を取り戻すため危険なミッションに繰り出すスパイスリラーとなる、前日譚としてのストーリーとのこと。配信日やその他の製作陣などの情報はなし。個人的には相棒のK-2SOにも帰ってきてもらいたい!

さらにソーの弟で、マーベル・シネマティック・ユニバースの超人気キャラクターの「ロキ」のドラマシリーズも発表。こちらも映画と同じくトム・ヒドルストンが演じる予定。

それ以外の情報はいまのところなし。これはかなり驚き。ストーリーが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の前になるのか、後になるのかも気になるところ。MCUはこれから、ドラマも今までとは方針を変えて映画のキャラクターをそのまま使っていくことになるのかな……? Netflixの方で連続したドラマの打ち切りはやはりこれと関連があったのか……?

すでに発表済みの『ハイスクール・ミュージカル』の新作や、『ザ・マンダロリアン』に加えて目玉作品がどんどん揃ってきましたね。先行する他サービスとの差を一気に縮めるためディズニーが自社が持つコンテンツを全力で使って殴り込みをかけてます。いちユーザーとしてはコンテンツのGに負けてしまいそうな勢い!

『Disney+(ディズニー+)』は、アメリカで2019年末に開始予定。公式サイトには日本語もあるので、日本での展開予定もあるのかも? 日本ではどのような形でスタートするかはわかりませんが、ぜひとも同時期にスタートしてほしいですね!

ちなみに、ロキ役のトム・ヒドルストンは今年の東京コミコン2018で来日予定。サイン会や写真撮影会も予定されているので、気になる方は要チェック。すでに超人気ですが、今回の発表でチケット争いが更に加熱しそうですね……!

Source: Walt Disney Company, Disney Plus

      あわせて読みたい

      powered by