ビバ80年代! VRの世界でレトロゲーム機を遊ぶ「EmuVR」

  • 12,104

  • author 岡本玄介
ビバ80年代! VRの世界でレトロゲーム機を遊ぶ「EmuVR」
Image: NeoZeroo/YouTube

おそらく天国があるならば、この部屋のことだと思います。

学校が終わってから、もしくは土日に朝の子供向け番組を見たあとで、家庭用ゲーム機の電源を入れて夢中で遊んだ時代ってありましたよね。ひとりで黙々と、または兄弟や友達と交代しながらワイワイ遊んだあの頃……(遠い目)。

同じ時間はもう帰ってきませんが、仮想空間の中でそんな至福の時間を再現できるソフトが現れました。

それがAtari 2600や初代ファミコン、それにセガ・マークIIIやゲームギアなど往年のゲーム機が20種類ほどVRで取り揃えられた「EmuVR」。架空の自室でゲーム機とブラウン管テレビを起動し、80年代気分で8ビットや16ビットゲームが遊べるソフトなのです。

Video: Indieverse/YouTube

遊ぶにはカセットをガチャンと挿して、テレビをつける儀式的な一連の動作がマストです。

壁に貼ってあるポスター類もエモいものばかりですね。映画『ブレードランナー』や『フライトナイト』などのポスターもありますが、バイク乗り的には北米未輸入の「ホンダ VFR400R(NC30)」がツボです。

テレビも80年代や90年代のものがいろいろと選べるだけでなく、窓の外の日の高さも変えられます。それにストリーミングでテレビ番組も見られますし、よくみたら部屋中テレビだらけだったりして……。

ゲームソフトも選ぶところから始め、自分の好みで整理整頓も、またはアチコチに散らかすことも思いのまま。ついでにポスターも好きなように変えられ、ネット越しに友達を招待&ボイスチャットもOKです。

Video: NeoZeroo/YouTube

なんというおっさんホイホイ。時間がいくらあっても足りませんね。最新技術のVRでわざわざ古いものを遊ぶ人間の業の深さが垣間見られます。

Video: NeoZeroo/YouTube

現在は公式サイトにてβ版が配布されています。ただし何のゲームも実装されていないので、エミュレーター用ソフトはご自身で用意する必要があるとのこと。興味を持った懐ゲー好きはぜひお試しあれ。

Source: YouTube (1, 2, 3,) via EmuVR

あわせて読みたい

powered by