憧れのEVピックアップ、Teslaを出し抜いてRIVIANから登場

  • 6,627

  • author 岡本玄介
憧れのEVピックアップ、Teslaを出し抜いてRIVIANから登場
Image: RIVAIN

レベル3までの自動運転もします。

EVのパイオニアとなったTeslaの新型車は、イーロン・マスクが長年の夢だったCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ヴィークル)の「モデルY」になることが決定しています。でも製造工場がどこにもないので、2020年までにっちもさっちも行かない台所事情を抱えています。

試作品にはOKが出たという話なのですが、いまだにどんなデザインなのか明かされておらず、気になる人々をモヤらせています。

そんな折、カリフォルニア州のEVスタートアップ企業のRIVAIN社から、一足先に自動運転トラック「R1T」トラックが発表されました。Tesla、完全に出し抜かれてしまいましたね。

Video: Rivian/vimeo

性能は?

designboomによると、航続距離は約650kmで、147kWのモーター4つによる4WDは、時速0~100kmまでたったの3.2秒というパワーを生み出します。最大出力は750馬力で300kW~562kWにもなるそうです。ちなみにサイズは全幅2,015mmで全長5,475mm。

オフロード・モードにするとエアサスが車高を13cmほど高くでき、水深1m程度なら水の中を走行することも可能になります。ついでに110Vの電源から外部に電力を供給でき、自転車の空気を入れられるよう圧縮空気も備えています。

内装もイカす

床下バッテリーと独立モーターのおかげで車内は広々とした5人乗り。ダッシュボード中央には15.6インチのタッチスクリーンがあり、運転席にも12.3インチと、中央の肘掛け後ろ側にも6.8インチも埋め込まれています。

181129_rivian2
Image: designboom

実は自動運転もできる

凄いのはカメラ、レーダー、ライダー、超音波と高精密GPSも車載されており、レベル3までの自動運転で高速道路を勝手に走ってくれるとこと。しかもソフトウェアの更新次第では、それ以上の自動運転も将来可能になるのだそうな。

気になるお値段

バッテリー容量によりますが、61,500ドル(約700万円)からとなっています。ですが生産は2020年からで、予約時には頭金1,000ドル(約11万4000円)を納める必要があります。キャンセルすれば3日で返金もしてくれますので、「コレは!!」と思った方は公式サイトから予約しちゃいましょう。

Source: designboom, vimeo via RIVAIN