指先で文字や色を読めるって? 第2の目を作り出す指輪型デバイス「FingerReader」

  • author 岡本玄介
指先で文字や色を読めるって? 第2の目を作り出す指輪型デバイス「FingerReader」
Image: Augmented Human Lab

日常生活を音声で拡張します。

人間が使う道具は、需要があればあるほど進化していく運命にあります。たとえば携帯電話なんかは日々賢くなってきましたよね。

一方で身体の不自由な人たちのための補助デバイスは革新が必要なのにも関わらず、パイが小さいがためにコストがかかり、これまでほとんど進化していませんでした。そんな中、ニュージーランドのオークランド大学と、その中にあるAugmented Human LabがMITなどの協力を得て、最新のテクノロジーで視覚障害者の補助デバイスを一気に未来のデバイスに押し上げようとしています。

それがカメラ付きの指輪とそれが繋がる腕時計型の本体からなる、ウェアラブル・デバイス「FingerReader」。これは指先の指輪で文字や色を読み、その結果を瞬時に声で教えてくれるもの。どんなデバイスなのか見てみましょう。

Video: asgsutd/vimeo

視覚障害者の現状を反映して作られた

公式サイトによりますと、弱視から全盲まで、視覚障害者は世界で2億8500万人がいると考えられているのだそうです。そして健常者と違い、買物やレストランでの注文、それにお金を数えたり新聞を読むなど、文字を読むという行為が常にチャレンジなのです。

これまでも視覚障害者を補助するデバイスはあったものの、どれもが高価だったり、期待するほど高機能ではなかったりして、あまり普及しませんでした。

ですが「FingerReader」は各団体から協力を得て、視覚障害者と彼らをお世話する介護者たちからのニーズを調査し、これを開発してきたのです。

将来は手頃な価格で届けたい

Fresh Gadgetsいわく、今もまだ試作段階であるものの、スタート時から比べカメラとオープンソースの性能が良くなったので、機能が向上したと報じています。こうした技術革新で、デバイスがどんどんスマートになっていくんですね。

開発チームは、視覚障害を持つ人々が自立的に利用できるようになるよう、手頃な価格で日常的に使える製品にしようと頑張っているそうです。

たとえば、これを使って子供が絵本を読んだり、自動翻訳ができれば海外旅行でも重宝しそうですよね。夢が広がります。

Source: vimeo via Fresh Gadgets via FingerReader, Augmented Human Lab