Ford、「スマート天日干し」を特許化。イヤな新車の香りを撲滅

  • 6,474

  • author 岡本玄介
Ford、「スマート天日干し」を特許化。イヤな新車の香りを撲滅
Image: ars TECHNICA via Daniel Acker/Bloomberg via Getty Images

ハナから無臭のクルマを作るという考えはないようです。

車酔いしやすい人たち、特に子供が酔いの原因だと訴えるのが自動車内の臭いですよね。合皮やプラスチックや接着剤の臭いなどが交じり、一種独特のハーモニーを奏でます。しかも、それが新車だったら臭いMAX。アメを舐めたり窓を開けたりと、余計な苦労を要してしまいます。

所変われば

自動車内の臭いは好みが分かれると思います。上記のような人たちは苦手ですが、クルマ好きは好きかもしれません。アメリカでは新車臭が好まれるようで、わざわざ新車臭がする芳香剤を買う人もいるのだそうな。

ですが中国では新車臭が嫌がられる、という真逆の反応なのだそうです。なので各社こぞって、その臭いを消す方法を模索しているのだとか……。

最新ソフトが換気する

ars TECHNICAによりますと、アメリカの自動車メーカーFordが、車内から沸き立つ揮発性有機化合物の臭いを消す特許を申請したとのこと。

それは自動車の位置と天気を感知するソフトウェアで、持ち主が消臭したいという指示を出せば、晴れた日に窓を開け、エンジンを掛けてヒーターとファンを回して換気してくれるというもの。盗難が心配になる仕掛けですが、勝手にやってくれたら助かりますよね。

まるで我が家の飼い犬

さらにDetroit Free Pressいわく、このシステムは自律運転車に限られ、「クルマが自動で太陽の下まで移動し、新車臭を日光で焼く」ようになるという機能を想定しているとのこと。庭で飼っている犬がやっている日光浴を、自動車がやるようになるのです。

Fordいわく、これは何年もかけた調査の末に辿り着いた解決方法のひとつで、実現させるかどうかはまだわからない、としています。


この調子だと、乗らない日は勝手に洗車場に行って、支払いアプリでボディーにワックスがけなんかもしてくれるようになるかもしれませんね。ついでに晩のおかずも買ってきてくれたら最高です。

Source: ars TECHNICA, Detroit Free Press via US PATENT & TRADEMARK OFFICE

    あわせて読みたい