人糞からもマイクロプラスチックが検出されたけど、とりあえず落ち着け

  • 14,925

人糞からもマイクロプラスチックが検出されたけど、とりあえず落ち着け
Image: Gettyimages

人糞からプラスチックという言葉の破壊力。

つい先日、食卓塩にマイクロプラスチックが含まれているという調査の結果を伝えましたが、今度は人糞からマイクロプラスチック(微少なプラスチック粒子)が検出されたそうです。

ウィーン医科大学とオーストリアの環境庁が、日本を含む世界8カ国、8人から集めた便を調べたところ、全員の便から9種類のマイクロプラスチックが検出されました。

取り込み経路は不明

イタリア、オランダ、英国、日本をはじめとするヨーロッパとアジアに住む8人のボランティアの人たちは一週間にわたって何を食べたかを記録し、最終日に便を採取してオーストリア環境庁の科学者に宛てて送りました。最新の検査方法で便を調べたところ、11種類、1人あたり最大9種類のプラスチックが検出されたそうです。

どのようにしてマイクロプラスチックを取り込んでいたについて明らかになっていませんが、ボランティアはペットボトル飲料を飲んだり、プラスチック製品に入った食べ物を口にしており、6人が魚を食べたことがわかっています。

この結果を受け、ウィーン医科大学 消化器病学科のPhilipp Schwabl氏は「これは、プラスチックが最終的に人間の腸に到達する可能性があるという考えを裏付けることになった初の研究結果です」と話しています

物言いがついた研究であることに注意

でもパニックになるまえにちょっと待って。この研究には多くの注意点が存在します。まずひとつは、8人とサンプルサイズが小さく結論づけるのが難しいこと。また、調査結果が査読されたものではなく、今週開催されたUnited European Gastroenterologyで発表されたものだということです。

新しい研究が学会でプレビューされることは多々ありますが、チームの研究方法の情報公開や独立した審査抜きには、結果が正しいと言い切ることはできません。外部研究者の中には、発見されたプラスチックが実験室および試験装置に一般的に見られるものであることから、便が汚染されていたのではないかという見方をする人もいるようです。

「質の悪い観察では正確な結果と科学メソッドを示すことは難しいでしょう。これでは人間に対するマイクロプラスチックの影響を理解したり、管理するのに役立つものではありません」と豪州ニューサウスウェールズ大学のMP専門家 マーク・ブラウン氏はAP通信に話しました。

議論の余地はあるとして、実際マイクロプラスチックを取り込むと人体にどれくらいの影響があるのでしょう。食卓塩に含まれているくらいなのだから、私たちはマイクロプラスチックを毎日のように摂取してしまっているのでしょうし心配です。あまりにも小さいから排泄されずに体内に取り込まれているμプラスチックもある? 排出されているなら大丈夫? 衝撃的な研究結果より、マイクロプラスチックを完全にフィルタリングするテクノロジー開発のニュースが聞きたいです。

Source: UEG 2018

あわせて読みたい

powered by