心温まるストーリーは真っ赤なウソ。4500万円をせしめたクラウドファンド詐欺とは

  • 9,206

心温まるストーリーは真っ赤なウソ。4500万円をせしめたクラウドファンド詐欺とは

全部真っ赤なウソだったとは!

心温まるストーリーが一転して詐欺だったことがバレ、全米をはじめ世界のクラウドファンダーたちが泣いています

これは2017年、もっとも心温まるお話として全米を泣かせた感動のストーリー。アメリカはニュージャージー州の州間高速道路ぎわで、ある日ガソリンがなくなって道端で途方にくれていたケイト・マクルーアとマーク・ダミコのカップル。そこへ当時ホームレスだった元海兵隊員ジョニー・ボビットJr.が偶然通りかかり、ポケットに入っていたなけなしの全財産である20ドル(約2200円)札を差し出し、そのお金でガソリンを入れカップルは帰路につくことができた...というのがそのあらすじです。

その後カップルは、お礼としてホームレスだったボビットが生活再建を目指しがんばれるよう資金集めに乗り出します。GoFundMeというクラウドファンディングのサイトで資金を募ったところ、ぞくぞくとお金があつまり、目標の1万ドル(約112万円)を大きく超える金額を達成したというものですが...。このまるで映画のようなお話にこんなオチがあったとは。

米ギズモードのRhett Jones記者が記者会見の様子をまとめてくれています。


GoFundMeの窃盗詐欺と共謀罪で書類送検

ニュージャージー州の検察は、昨年GoFundMeで全米の耳目をいっきに集め、約40万ドル(約4500万円)を手にした3人を11月15日書類送検したと発表しました。募金の目的はホームレスの男の生活再建。ですが、検察によれば「ストーリーのすべては真っ赤な嘘」だったとのこと。

検察側が開いた記者会見では、ケイト・マクルーアとマーク・ダミコ、ジョニー・ボビットJr.の3人は第二級窃盗詐欺罪および第二級共謀罪で書類送検されたとのこと。恩返しならぬ受けた恩を他の人に送る「恩送り」のスピリッツでお金を集めたGoFundMeの募金運動が、「まったくの作り話」だったというのだからあきれた口がふさがらないとはこのことです。検察は、ジョニー・ボビットJr.が当時ホームレスだったのは間違いないとしていますが、州間高速道路でガソリンがなくなって立ち往生し、ボビットがなけなしの20ドルを差し出したというマクルーアの話は、事実ではなかったと結論づけています。

記者会見の資料によれば、マクルーアとダミコはクラウドファンド・キャンペーンを立ち上げる1ヶ月以上も前からすでに知り合いだったことが指摘されています。検察の発表ではマクルーアとダミコのカップルはボビットと地元のカジノで知り合ったとのこと。お金をもらったことをきっかけに、この時から親交があったとしています。検察は、詐欺を計画したのは誰だったのか、また計画の細かい経緯などは明らかではないとしているものの、このストーリーから5年も前になる2012年に、ジョニー・ボビットのFacebookにはすでにこのGoFundMeのストーリーと酷似した投稿の記録があったことも指摘しています。

GoFundMeで巨額の資金を調達

GoFundMeのこの心温まるストーリーは1万4000人のクラウドファンダーから募金を集め、世界の注目の的となりました。調達したお金も、最初の目標であった1万ドル(約112万円)を大きく上回り、GoFundMeの手数料を除いた残りは約36万7000ドル(約4140万円)にものぼったとのこと。検察では金の山分けの額などについては、どのような合意があったかは把握していないとしているものの、ボビットがマクルーアとダミコのカップルと分け前でもめたことが検察の注意を惹き、今回の家宅捜索と書類送検につながったとしています。

ボビットは9月に調達した全額のうち7万5000ドル(約850万円)しか受け取っておらず、カップルが残り全額を使い込んだのではないかとの疑いを主張していました。 ダミコは金は手付かずのままあるが、ボビットは浪費癖があるため小出しにしているのだとマスコミに訴えていました。ボビットはこれを裁判に持ち込み、判事はカップルに支払いを命じますが、そこでカップルが金がないと言ったところから、本件が事件として明るみに出てしまったのです。

検察は6万件のテキストメッセージと何千ページにもわたる金融機関などの文書を分析して、今回の事実を導き出したとのこと。

GoFundMeの資金集めが開始されてから1時間もしないうちに、マクルーアは友達へのテキストメッセージでボビットが助けてくれたという親切話は「まったくの作り話だ」としています。高速道路で立ち往生もしていなければ、ボビットは20ドルを差し出してもいなかった。ダミコ、マクルーア、ボビットは共謀して親切話を作り上げ、 募金をだましとったのです。

検察では次のように語っています。

GoFundMeの資金集めが開始されてから1時間もしないうちに、マクルーアは友達へのテキストメッセージでボビットが助けてくれた親切話は「まったくの作り話だ」としています。高速道路で立ち往生もしていなければ、ボビットは20ドルを差し出してもいなかった。ダミコ、マクルーア、ボビットは共謀して親切話を作り上げ、 募金をだましとったのです。

残金ゼロ

あれだけあった資金も検察の調べでは「残金はゼロ」。金はすべて旅行、贅沢品のショッピングや、銀行の引き出しの記録ではどうやらギャンブルなどで浪費された模様。ボビットが調停を立てたとき、マクルーアは不安を訴えたが、ダミコは書籍の出版でもっと金が稼げると目論んでいたとのこと。書籍のタイトルは「No Good Deed(わたる世間に善はなし)」 。

被告側の弁護士は、米Gizmodoの質問に対し回答を拒否しているか、未回答のいずれか。ボビットの代理人にはクリストファー・ファロン Jr. 法律事務所がボランティアで選任。マクルーアとダミコの両人は水曜に出頭しており、書類送検後に保釈金なしで釈放されています。ボビットはフィラデルフィアに拘留され、ニュージャージー州への引き渡し手続き中。

検察官は本件が人々の親切心からの募金の妨げになることを危惧しているとし、またボビットが過酷な状況に追いやられた状況に同情するとともに、過去海兵隊にいたことには感謝の意も表しています。

募金は全額返金

GoFundMeのスポークスパーソンは、米Gizmodoに対し、GoFundMeでは関係機関への協力を惜しまず、「詐欺事件という、決して起こるべきではないことが起こってしまいました。大変残念なことではありますが、募金者の利益を守るため、弊社では必要な措置を講じます」とし、すべての募金者に対し返金することを約束しています。

裁判で有罪が確定すれば、禁錮5年から10年の刑となるようですが...。天網恢恢疎にして漏らさずとはこのことかと。

    あわせて読みたい

    powered by